防弾少年団、秋元康との超豪華コラボ決定!日本オリジナル曲「Bird」11月7日リリース

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
AKB48の総合プロデューサー秋元康と防弾少年団の初コラボが実現した。

日刊スポーツは13日、「AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康が、防弾少年団のトリプルA面シングルの日本オリジナル曲『Bird』の作詞を手がける」と報道した。

報道によると、秋元康は11月7日、日本発売の防弾少年団のトリプルA面シングル「Bird/FAKE LOVE/Airplane pt.2」の日本オリジナル曲「Bird」を作詞する。

防弾少年団と秋元氏を結び付けたのは、防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表だ。もともと秋元氏と交流があったが、秋元氏の世界観が好きで依頼をしたという。

AKBの総合プロデューサーとアメリカ・ビルボード1位を獲得し、世界的に認められている防弾少年団の出会いであり、期待を高める。

防弾少年団は24日、リパッケージアルバム「LOVE YOURSELF 結 “Answer”」を発売し、ワールドツアーを展開している。彼らは今回のアルバムでもう一度ビルボードメインチャートである「ビルボー200」で1位を獲得し、新曲「IDOL(Feat. Nicki Minaj)」で「HOT 100」11位にランクインする記録を打ち立てた。これで韓国歌手としては初めて3つのアルバムが相次いで2週連続ビルボードにランクインした。

また、韓国で発売した今回のアルバムは、オリコンチャートのアルバムとデジタルランキングで同時に1位を席巻した。防弾少年団の底力を見せる事例で、韓国でも発売から8日で193万枚の売上を記録し、凄まじい成果を記録している。

防弾少年団「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演…出演者が記念ショット公開(動画あり)

チョー・ヨンピル、防弾少年団の快挙を称賛「普通の歌手ではない」

記者 : ソン・ミギョン