チョン・ユミ、映画「82年生まれキム・ジヨン」出演を確定…主役“キム・ジヨン”に抜擢

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
女優チョン・ユミが映画「82年生まれキム・ジヨン」(監督:キム・ドヨン)への出演を確定した。

この時代が共感し共に悩む物語として、映画化決定当初から話題を集めた「82年生まれキム・ジヨン」は、ある日いきなり自分の母親、姉などに憑依する症状を見せる、いたって平凡な30代女性キム・ジヨンに関する物語だ。

チョン・ユミは今回の作品で、私と私の周り誰でも代入できるほど平凡だが、一方では決して平凡だといえない人生を生きてきた人物“キム・ジヨン”を演じる。ドラマと映画、バラエティまで様々な分野で愛され、どんな人物でも自分だけの方式で魅力的なカラーリングをしてきた女優であるため、今回の作品も大きな関心と期待を高めている。

映画「82年生まれキム・ジヨン」の同名の原作小説「82年生まれキム・ジヨン」は、2016年に発刊され、これまで100万部近い売上を記録した最高のベストセラーで、異例的に高い販売部数だけでなく、高い共感要素と時代精神の反映で大きな話題を集めている作品だ。

「82年生まれキム・ジヨン」の演出は、結婚後、夢を諦めた30代女優が自分のアイデンティティを見つけていく過程を描いた映画「自由演技」で、「第20回ソウル国際女性映画祭」アジア短編競争部門作品賞、「第17回ミジャンセン短編映画祭」観客賞を受賞し、映画「非情城市」では部門最優秀賞、演技賞など、今年の各種映画祭を総なめにし、最もホットな新人監督になったキム・ドヨン監督がメガホンを取る。

記者 : キム・スジョン