T-ARA ヒョミン、新曲「MANGO」予告映像第2弾を公開…セクシー&ウィットに富んだ映像に注目

OSEN |

写真=SUBLIME ARTIST AGENCY
T-ARA ヒョミンのニューアルバムのタイトル曲「MANGO」予告映像第2弾が公開された。

9月12日ニューデジタルシングル「MANGO」でカムバックするソロ歌手ヒョミンが、ユニークで幻想的な雰囲気の予告映像第2弾を公開し、精力的な活動を予告している。

今回の予告映像第2弾はRed Velvetの「Red Flavor」、少女時代 テヨンの「FINE」などのミュージックビデオを手がけたソン・チャンウォン監督が演出したミュージックビデオの一部で、感覚的な映像美がミニマルでトレンディな楽曲と幻想的な調和を成している。また、ヒョミンがこれまで見せたセクシーさにウィットを加え、彼女の新しい魅力を引き出している。

予告映像の中でヒョミンはノートパソコンに「MANGO」という単語を打ちながら、今回のアルバムと楽曲のコンセプトのアイデンティティを明確に表現している。それだけではなく、金髪に変身したヒョミンの姿は見る人の好奇心をくすぐる。広々とした大海の上のヨットの上で自由な雰囲気で女神のようなポーズを取っているヒョミンの姿もインパクトを残す。

また、最も目を引く要素は“カラー”だ。マンゴーを象徴する黄色の衣装やメイク、ネイルアート、小物などがたくさん登場し“Yellow”でコンセプトを強調している。今回のポイントになるカラーを通じて彼女がどんなストーリーを見せてくれるかが注目される。

ヒョミンの魅力的な歌声と調和するR&Bポップジャンルのタイトル曲「MANGO」は、EXOの「Ko Ko Bop」、少女時代 テヨンの「FINE」などを作曲した有名パブリッシャーが手がけ、振付はSISTAR、イ・ヒョリ、キム・ヒョナなどポイントダンスを流行させたキム・ヨンドク団長のDQチームが参加した。

「Nice Body」「Sketch」に次ぐヒョミンのニューデジタルシングル「MANGO」は、韓国で9月12日(水)午後6時に音源発売とミュージックビデオの公開を控えている。午後8時にはファンたちのための特別なショーケースを準備し、初めてステージを披露する予定だ。

記者 : チョン・ジウォン