防弾少年団&カム・ウソン&パク・ナレ「第45回韓国放送大賞」で個人賞を受賞!

OSEN |

写真=OSEN DB、Big Hitエンターテインメント
防弾少年団とカム・ウソン、パク・ナレが「第45回韓国放送大賞」で個人賞を受賞した。

韓国放送協会(会長:パク・ジョンフン、SBS社長)は本日(27日)、9月3日に開催される「第45回韓国放送大賞」審査の結果を発表した。全国の地上波放送局で、内部競争を経て出品された201本の作品と、88人の放送関係者を対象に、予備審査と本審査を経て、23本の作品と22人の放送関係者を選定した。

作品賞には、中・短編ドラマテレビ部門はKBS「サム、マイウェイ」、音楽構成部門はMBC「チョPDのビートルズラジオ」、芸能バラエティ部門はSBS「チプサブイルチェ」、ドキュメンタリーテレビ部門はKBS「2017 KBS大企画UHDドキュメンタリー『巡礼』4部作」、ニュース報道部門はSBS「8ニュース『陰イオンが出るというテジンベッドからラドン検出』」、時事報道テレビ部門はSBS「それが知りたい『残酷な忠誠』2部作」、時事報道ラジオ部門はTBS「キム・オジュンのニュース工場」など、22部門から23本が選ばれた。

個人賞には、功労賞はチェ・ブルアム(KBS「韓国人の食卓」など)、歌手賞は防弾少年団(MBC「ショー音楽の中心」、KBS「ミュージックバンク」など)、コメディアン賞はパク・ナレ(MBC「私は一人で暮らすなど」)、演技者賞はカム・ウソン(SBS月火ドラマ「ロマンスは必然に」)、アナウンサー賞はパク・ソニョン(SBS)、ナレーション賞はイ・ギュウォンなど、21部門から22人が選ばれた。

「第45回韓国放送大賞」授賞式は9月3日(月)午後3時からSBSを通じて生中継され、光栄の大賞は授賞式の現場で発表される予定だ。

記者 : パク・ジニョン