“JBJでも活躍”HOTSHOT ノ・テヒョン、自身初ファンミーティングが大盛況…進化した日本語力とダンスで魅了

KSTYLE |

8月20日(月)Zepp TokyoでHOTSHOTのノ・テヒョンの自身初となるソロファンミーティング「ノ・テヒョン1st FANMEETING IN JAPAN」が行われた。

ノ・テヒョンは2014年に韓国デビュー、2016年に日本デビューを果たした6人組ボーイズグループHOTSHOTのメンバーとして活動中の2017年春、韓国はもちろん、日本、アジアで大きな話題となったサバイバルプログラム「PRODUCE 101」シーズン2に出演。番組終盤で惜しくも脱落したメンバーの中から、ファンの熱い思いを受け誕生したグループJBJのリーダーとして、2017年10月から2018年4月まで7ヶ月間の活動後、初のソロ活動として今回のイベントを開催した。

ノ・テヒョンと言えば、ダンス。ダンスといえばノ・テヒョンと言われるほどのダンスの実力の持ち主だけあって、今までのダンスヒストリーを3パートに分けてメドレー披露するコーナーでは、ハイレベルのダンスを次々に披露し、会場に駆けつけたファンから1曲ごとに大きな歓声が上がった。さらに、日本のファンのためにと日本の名バラード「Rainy Blue」を披露。その伸びやかで甘く優しい歌声にZepp Tokyoに集まった多くのファンが酔いしれた。

ダンス、歌に加え、トーク、ファンへのプレゼント付きのクイズコーナーまで、ほぼ日本語で受け答えをし、さらに進化した日本語能力にも驚かされる時間となった。公演中、何度も、長く待ってくれているファンに感謝の気持ちを伝えていたノ・テヒョンの真心が詰まった1st FANMEETING IN JAPANは、8/22(水)15:00開演、19:00開演の大阪Zepp Nambaでの2公演を残すのみ。ぜひ、生の会場で映像より何倍も魅力的なノ・テヒョンのダンス、歌声。そして人間性に触れてほしい。

【公演概要】
「ノ・テヒョン1st FANMEETING IN JAPAN」
開催日:2018年8月20日(月)1部(15:00開演)
会場:Zepp Tokyo

<セットリスト>
1.「So.Good.」Johnny Stimson/Dance Performance
2.「Chocolete Legs」Eric Bemet/Dance Performance
3.「帰ってくる道」(原曲ソ・イングク)
4.Dance History PART1
「Take a Shot」HOTSHOT
「Watch Out」HOTSHOT
「I'm a HOTSHOT」HOTSHOT
「Step by Step」HOTSHOT
Dance History PART2 PRODUCE101 シーズン2パフォーマンス
「Make It Bun Dem」Skrillex&Damian
「10 out of 10」2PM
「Center of You」Ed Sheeran
「Show Time」
Dance History PART3
「Jelly」HOTSHOT
「Fantasy」JBJ
「My Flower」JBJ
「Call Your Name」JBJ
「HandClap」Fitz&The Tantrums
5.「Rainy Blue」(原曲:徳永英明)
※オフィシャルスチール((C)田中真二)は8/20(月)1部公演のものです。

記者 : Kstyle編集部