防弾少年団、7月のボーイズグループブランド評価で1位に…2位はWanna One

TVREPORT |

写真=防弾少年団 SNS
防弾少年団がボーイズグループのブランド評判の2018年8月分析で1位を獲得した。

12日、韓国企業評判研究所によると、2018年8月のボーイズグループブランド評判1位は防弾少年団だった。

今回の結果は7月10日から2018年8月11日まで測定したボーイズグループブランドのビッグデータ88,496,475個を消費者行動分析を通じて集計したものだ。

防弾少年団に続き、Wanna One、SEVENTEEN、EXO、BTOB、BIGBANG、SHINee、PENTAGON、iKON、NCT、WINNER、NU'EST W、Golden Child、B1A4、VIXX、THE BOYZ、ASTRO、INFINITE、2PM、SUPER JUNIOR、Stray Kids、SF9、IZ、BEAST、東方神起、神話(SHINHWA)、UNB、Block B、FTISLAND、Highlightの順だった。

1位の防弾少年団のブランドは参加指数3,368,376、メディア指数2,816,768、コミュニケーション指数3,826,745、コミュニティ指数4,599,712になり、ブランド評判指数14,611,602と分析された。今年7月のブランド評判指数2,315,816に比べると29.70%上昇した。

また、2位のWanna Oneのブランド評判指数は10,576,045で、3位のSEVENTEENのブランド評判指数は5,052,401にそれぞれ分析された。

記者 : パク・グィイム