Vol.2 ― CODE-V「前向きに決めた解散なのに、ファンから頑張れなくてごめんねと言われて複雑な心境になりました」

KSTYLE |

5月30日、東京ドームシティラクーアガーデンステージにて行われたデビュー7周年記念イベントにて電撃解散を発表したCODE-V。今年12月23日のTOKYO DOME CITY HALLでのライブをもってグループでの活動に終止符を打ち、各自が自分の道を進むことを選んだ5人。彼らが現在の心境をたっぷりと語ってくれたインタビュー後編をお届けする。

Vol.1 ― 解散を電撃発表をしたCODE-Vが語る現在の心境「5人で初めて旅行をして、韓国語で本音トークをしました」

【プレゼント】CODE-V直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

 

「僕らにも思い出がたくさんあるし、いろんな想いを持って卒業する」

――解散を決めた理由を聞かせてください。

ソル:解散はファンにとっては悲しいことですが、僕らは前向きに解散を決めました。10年近くアーティスト活動をしてきて、学んだことも多い中で、もっとやりたい音楽ができたんです。各自がやりたい音楽をCODE-Vの枠の中でやることが難しいこともあって、みんなでよく話し合い、解散という道を選びました。だからファンのみなさんも悲しむだけでなく、僕らが選んだ道を信じて応援してくださったらありがたいです。もちろん僕らにも思い出がたくさんあるし、波が大きかったグループだけに、いろんな想いを持って卒業するのですが、僕らが自分の夢を叶えるために一歩を踏み出したということを理解していただけたらうれしいです。

テフン:僕の場合は、僕がやりたい音楽をCODE-Vを続けながらできないことはないのですが、もっと集中して突き詰めたいなという思いがありました。

――解散は嫌だというメンバーはいなかったのですか?

ソル:いや、全員がそれはどこかで思っていましたよ。まだCODE-Vは続ける力があるグループなので、続けようという気持ちもみんなが半分くらい持っていたと思います。でも、やっぱり自分がやりたい音楽をやりたいという気持ちが大きくなって、みんなが同じ気持ちで決めました。

――今後のことは決まっていないものの、各自が音楽を続けるとのことですが、どんな音楽をやりたいと思っていますか? その他に個人的にやってみたいことは?

ナロ:ジャンルを決めないで、自分の心が動く音楽をやりたいです。自分がドキドキできるような音楽。

――ナロさんは去年ミュージカル「RENT」に出演されましたが、演技関係のお仕事をするつもりは?

ナロ:「RENT」には元々、僕が大勢の人に見ていただけたらCODE-Vの名前を広めることができるのではないかと思ってオーディションを受けたのですが、あのような大きな作品に関われたことを今でも誇りに思っています。そして演じるうちに演技にもだんだん興味を持ち始めました。これからはなんでもやらないとと思っているので、ミュージカルもオファーをいただけるのならやりたいです。

サンウ:僕も同じくジャンルに関係なく、聞いて気分がよくなる曲を作りたいです。ミュージカルや演技に挑戦したい気持ちもありますが、歌うことが大好きなので、来年からはとりあえず音楽一本で考えています。

ルイ:CODE-Vの音楽も大好きで、他にすごくやりたいジャンルがあるわけでないのですが、CODE-Vはアイドルなので、その枠を超えたアーティストっぽいジャンルの曲をやってみたいと思っています。そして歌手以外の仕事や、これまでやっていなかったことにも挑戦したいです。

ソル:僕はずっとバンド系の音楽をやりたかったので、バンドを組むという感じではないにしても、バンドサウンドをやりたいです。そして僕もルイと同じに、CODE-Vにはアイドルという枠があって、素直に自分のやりたいことを表現できない部分があるなと感じていたんです。だから来年からは、アイドルとしての自分では表現できないことを音楽で素直に表現してみたいと思っています。

テフン:自分が聞いてかっこいいと思うジャンルとかスタイルの曲を、自分で作って、それをうまく歌える歌手になりたいと思っています。これからたくさん勉強するつもりです。

――解散を発表してからMIRACLEに言われて胸が痛かった言葉、うれしかった言葉は?

ソル:解散を発表した日、特典会があったんです。そこでファンの方が泣きながら「これしかできなくてごめんね」って言ったんです。僕らは前向きな気持ちで解散を決めたのに、ファンのみなさんはまるで自分の力が至らなくて解散するんだと思っている方もいたみたいで。

ナロ:自分たちの応援が足りなかった。サポートが足りなかったと感じたようなんです。

ソル:僕らのファンの数は、人気があるK-POPのグループよりも少ないかもしれませんが、情熱は他のアイドルに絶対に負けていないと僕らはわかっています。だからこそ、そういう風に感じさせてしまったことにメンバー全員が心を痛めました。

サンウ:うれしかったのは、僕らが解散した後「どこにいても、なにをやってもずっと応援するよ」という言葉ですね。

――解散後、MIRACLEにお願いしたいことは?

ソル:CODE-Vが日本に来て7年間、全国を回りながら本当にいろんなことがあって、つらいこともたくさんあったのですが、それでも続けてこられたのは、僕らの音楽でみなさんを元気にしたいという思いでした。だから解散しても、みなさんの記憶の中にCODE-Vを残していただけたらうれしいです。「つらいときにCODE-Vの音楽を聞いて元気をもらったな」とか、いい思い出としてみなさんの心に残していただけたら幸せですね。


これまでの活動で忘れることのできない思い出は?

――これまでの活動を振りかえって、忘れることのできない思い出は?

ナロ:やっぱり武道館です。僕らの夢のステージで、それが成功させられたことは自分たちの中でめちゃくちゃ大きい思い出です。武道館に向かう道から武道館をながめて「本当にここでライブができるの?」って思ったことを思い出します。メジャーデビューする前に、チャリティーコンサートで他のK-POPアーティストたちと一緒に武道館のステージに立ったことがあるのですが、人気アーティストが揃って立つようなステージで、僕たちがワンマンライブをすることが信じられませんでした。そして、実は武道館に向かう道路で、関ジャニ∞の錦戸亮さんにお会いしたんですよ。なにかの撮影をされていたようなのですが、僕はファンだったので車の中から「僕たち武道館でワンマンライブをしに行くところなんです!!」と声をかけてしまったのですが、「がんばれ~」みたいな感じで返してくれて。そのことで、いい日になるような予感がしました。

サンウ:僕らが韓国人だとわかったみたいで「アンニョンハセヨ~(こんにちは~)」と挨拶もしてくれたんです。

ナロ:錦戸さんはもちろん覚えてないと思いますけど(笑)

サンウ:初めて日本に来たとき、名古屋でしたが、マイクがなくてペットボトルを使って、地下のCDショップで歌ったことです。20~30人くらいのお客さんの前で歌ったことを思い出します。

ソル:僕は島根県です。47都道府県でライブをやって、47都市目が島根県でした。そこで「全国を回り終えました~」と記念撮影を撮った瞬間がめちゃいい思い出です。韓国のグループとしては初の全国制覇だと聞いたので、CODE-Vの誇りにもなりました。

ルイ:兵役前ですがメンバーの脱退があって、4人になって初めての沖縄でのステージです。雨がすごく降っていたんですけど、その光景が思い浮かびます。

テフン:ファンとの思い出もたくさんあるし、ひとつを選ぶのは難しいですが、CODE-Vのオーディションですね。このお兄さんたちの前で歌って踊ったんですよ。緊張しましたね。そのときはお兄さんたちがすごく上のほうにいる人に見えたので。

ソル:今は自分のほうが見下ろしてるけどね(笑)

ナロ:身長も伸びたしね(笑)

テフン:武道館のステージを見て、スターだな~と思っていました。

ルイ:あの頃のテフンに会いたい(笑)

全員:爆笑

ナロ:たしかに。変わりすぎて……(笑)

テウン:そのときは、お兄さんたちも優しかったんですよ(笑)

――お互い様ということで(笑)。では、最後にKstyle読者にCODE-Vのアピールをお願いします。

ルイ:今年いっぱいで終わるのはもったいないとは思うのですが、その分、最後まで全力を出し切って、みなさんといい思い出を作りたいです。昔ファンでいてくれた方がライブを見に来てくれたりもしていますが、まだいらしていない方もいるし、まだ一度もCODE-Vのライブを見たことがないという方もいらっしゃるので、一度でもいいので会いにきてくださったらうれしいです!!

ライター:安部裕子 / 撮影:朝岡英輔

■ライブ情報
「CODE-V SUMMER LIVE 2018」
2018年8月18日(土) 開場 15:00 / 開演 15:30
会場:東京 一ッ橋ホール
座席:全席指定
チケット価格:6,800円(税込)

「全国ミニライブツアー2018~超初心~」
8月25日(土) 宮城・復興記念会館 記念ホール
8月26日(日) 石川・石川県こまつ芸術劇場うらら 大ホール
9月1日(土) 静岡・清水文化会館 小ホール
9月8日(土) 高知・高知市文化プラザかるぽーと 小ホール
9月9日(日) 広島・東広島芸術文化ホール
9月15日(土) 福岡・都久志会館
9月16日(日) 愛知・セントレアホール
9月17日(月・祝) 東京・全電通会館
9月22日(土) 大阪・堺市立 西文化会館ウェスティ
9月30日(日) 鹿児島・南日本新聞会館
10月27日(土) 岩手・盛岡劇場 メインホール
11月3日(土) 岡山・さん太ホール
11月10日(土) 北海道・ヲタル座(ウイングベイ小樽)
11月17日(土) 香川・サンポート高松
11月25日(日) 京都・京都市右京ふれあい文化会館

ワンマンライブ開催決定!
CODE-Vの日本メジャーデビュー7周年Anniversaryとして、TOKYO DOME CITY HALLでのワンマンライブが開催!
日時:2018年12月23日(日)
場所:TOKYO DOME CITY HALL

■関連サイト
OFFICIAL SITE:http://code-v.asia/

記者 : Kstyle編集部