コン・ユ、映画「徐福」への出演を検討中…約2年ぶりの映画復帰に高まる期待

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優コン・ユが、映画「徐福」出演を肯定的に検討中だ。

最近、コン・ユの所属事務所マネジメントSOOPの関係者は「映画『徐福』の出演を肯定的に検討している」と伝えた。

もし出演を確定した場合は、昨年1月に韓国で放送されたドラマ「トッケビ」以来、約2年ぶりのカムバックとなる。ドラマ「トッケビ」は、韓国でケーブルテレビとしては異例の最高視聴率20/5%を叩き出し、大ヒットを果たした話題作だ。

そんなコン・ユの復帰に大衆の熱い関心が集まっており、特に映画への出演は2016年に韓国で公開されたキム・ジウン監督の映画「密偵」が最後であったことから、より一層ファン期待は高まっている。

「徐福」は「建築学概論」で観客410万人を動員してシンドロームを巻き起こしたイ・ヨンジュ監督の5年ぶりの新作だ。不老不死を夢見る秦の始皇帝の願いを叶えるため船に乗って薬を探しに行ったが、戻ってこなかったという徐福の伝説を現代的に再解釈した映画だ。

パク・ボゴム、映画「徐福」の主人公候補に…“決まったことは何もない”

コン・ユ、お茶目な表情満載のスチールカットを公開…“さすがグラビア職人”

記者 : キム・ナラ