ユン・シユン&イ・ユヨン主演「親愛なる判事様」視聴率アップで水木ドラマの1位をキープ

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS
SBS水木ドラマ「親愛なる判事様」が、視聴率1位の座を守った。

本日(3日)視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、昨日(2日)韓国で放送された「親愛なる判事様」は、全国世帯視聴率(以下同じ)で第1部5.8%、第2部7.1%を記録した。

これは先週の放送分が記録した第1部の5.3%、第2部の6.4%よりそれぞれ0.5%、0.7%上昇した数値で、同時間帯の地上波ドラマの中で1位の記録である。

この日の放送では、ハン・ガンホ(ユン・シユン)をハン・スホ(ユン・シユン)と勘違いし、彼を裁判官の席から引きずり下ろそうとした検事ホン・ジョンス(ホ・ソンテ)と弁護士オ・サンチョル(パク・ビョンウン)の姿が描かれた。さらに悪いことに、兄のハン・スホもまた、ハン・ガンホをおとりとして利用する考えをのぞかせて、今後の展開に関心を集めた。

一方、同時間帯に放送されたMBC「時間」は第1部2.8%、第2部が3.5%を記録した。またKBS 2TV「私の彼はエプロン男子」は第1部が2.6%、第2部が3.1%を記録した。

記者 : イ・イェウン