EXO ディオ&ナム・ジヒョン主演ドラマ「100日の朗君様」予告映像第1弾公開…ときめく2人の出会いに注目

TVREPORT |

写真=tvN「100日の朗君様」
「100日の朗君様」EXOのディオとナム・ジヒョンの1次予告映像がベールを脱いだ。朝鮮時代の美男美女のときめく出会いは、秋にやってくるロマンス時代劇に対する期待を高める。

tvN新月火ドラマ「100日の朗君様」(脚本:ノ・ジソル、演出:イ・ジョンジェ)は、完全無欠の王世子(皇太子)イ・ユルからいきなり使い道のない男に転落したウォンドゥク(ディオ)と、朝鮮最高のオールドミスのホンシム(ナム・ジヒョン)の前代未聞の100日ロマンス時代劇だ。仮想の朝鮮時代を背景に、ラブコメディーの甘さと面白さはもちろん、ジャンル物のスリルまで兼ね備えたtvNの期待作として熱い関心を集めている。

2日に公開された予告映像は、桜の木の下でホンシムを見つめる王世子ユルの視線から始まる。桜が風になびくと、被っていた薄いピンクのスゲチマ(朝鮮時代の女性が外出をする時、頭と上体を覆い隠したマントのような衣類)を徐々におろすホンシム。そして少し離れたところでこれを見守っていたユルは、ホンシムの美しい顔が現れると、まるで何かに見取られたように一歩近づく。道袍とカッ(馬のたてがみや尾の毛で作り、大人がかぶった冠)と絹のチマとチョゴリを着たホンシムの真夜中の短い出会いは、運命的な縁の始まりを知らせている。

誰かの握り合った手が離れると、宮の中の楼に向かい合って座っているユルとホンシムが現れた。桜の下で会った時とは違い、王世子のユルは衮龍袍と翼善冠(王が政務を執る時にかぶる冠)を、ホンシムは古いチョゴリを着て、髪を後ろでまとめている。さらにユルは慎重で重い表情を見せている一方、ホンシムは明るい笑顔で何かを話しており、二人の男女が一緒に過ごした瞬間に対する関心がより高まっている。

続いて聞こえてくるユルの切ない声。「すべてを手に入れることが出来るが、たった一つを手に入れることが出来ず、すべてを忘れたが、たった一人を忘れることが出来なかった」というナレーションが深い余韻を残す。今回の予告映像は15秒ほどの短い映像で、美しい映像美の中のユルとホンシム、そしてウォンドゥクとホンシムが描く100日のロマンスに対する期待を高めた。

「100日の朗君様」1次予告映像と共に公開された王世子イ・ユルのキャラクター予告映像では、時代劇に初めて挑戦するディオの完璧な変身が目を引いた。完全無欠の王世子ユルに扮し、強烈なアクションはもちろん、様々な表情演技まで繊細に披露している。特に映像の終盤、「私はこの国朝鮮の王世子、イ・ユルだ」という重みのある台詞で強いインパクトを与え、俳優ディオの新しい魅力を予告した。

「100日の朗君様」は、「ゴハン行こうよ3」の後番組として、韓国で9月10日から放送が始まる。





※動画はクリックまたはタップで閲覧できます。

記者 : パク・グィイム