「七日の王妃」パク・ミニョン“悲劇の物語、自分でも驚くほど泣きました”

KSTYLE |

※このインタビューにはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

パク・ミニョン×ヨン・ウジン×イ・ドンゴンの3大スター豪華共演で話題となった、2018年No.1王宮ロマンス大作「七日の王妃」DVDが好評リリース中!

「トキメキ☆成均館(ソンギュンカン)スキャンダル」「Dr.JIN」など数々のヒット作に出演し、高い人気を誇るパク・ミニョンは本作で、2人の王から愛されるヒロインのシン・チェギョンを好演。初恋に心踊らせ、愛に嘘をつかない純粋な女性を大人の魅力で演じ切った。

今回、DVDリリースを記念してパク・ミニョンのインタビューが到着! 自身のキャラクターの魅力や話題となった涙の演技の秘訣について、日本ファンへのメッセージまでたっぷりと語ってくれた。

【プレゼント】「七日の王妃」好評リリース!パク・ミニョン直筆サイン入りポラを1名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――このドラマへの出演を決めた理由を教えてください。

パク・ミニョン:「七日の王妃」という作品は、そのタイトルからも、悲劇の物語の序幕を告げるものであることが分かります。とても気に入りました。私自身も悲劇の物語を観ることが好きですし、この作品は演じがいがあると思いました。過去の作品では、ほとんど取り上げられてこなかった端敬(タンギョン)王后/シン・チェギョンという人物の生涯を、新たに解釈してみたいという好奇心が半分、うまく演じられるのではという期待感が半分という感じで、出演を決めました。実をいうと夏場の時代劇はとても過酷なんですよ。そのハンディキャップを承知で、挑戦してみたいという気持ちが強かったと思います。

――「トキメキ☆成均館スキャンダル」や「Dr.JIN」にも出演されていますが、時代劇の魅力は何でしょう?

パク・ミニョン:演技を始めたばかりの頃、先輩や演技の先生に、「時代劇に挑戦してみるといい」と言われました。その理由は、女優として学ぶべき発声やセリフ回しなど技術的な面が磨かれるからというものでした。また、時代劇というジャンルは表現において制約が多く、限定された表現方法の中でキャラクターを演じなければなりません。それが魅力だと教わりました。初めは単純に演技を学びたいという思いで挑戦したんです。「トキメキ☆成均館スキャンダル」の時に、ようやく時代劇の魅力が分かりました。そして時代劇の虜になってしまったんです。私が韓国人だから、韓国の時代劇の持つ情緒におのずと惹かれていく部分はありますし、時代はそれぞれ違うけれど、それを表現するのが面白くて、いろんな作品を演じながらここまで来ました。私の希望としては、今は少しだけ休んで、そして現代劇に集中したいです。お話したとおり時代劇は面白くて魅力的です。でも「七日の王妃」の撮影が終わった後、体調を崩してしまって……。それだけ時代劇は体力を消耗するし、現代劇に比べると負担が大きいんですよ。だからしばらくは、お休みしたいと思っています。

――シン・チェギョンを演じるにあたって、どのような役作りをしましたか?

パク・ミニョン:まず時代考証をもとにベースを作っていきます。段階を踏んでキャラクターを作るんです。シン・チェギョンは歴史書にも、ほとんど記録がありません。載っているのは、いつ生まれて誰の娘なのか、そしていつ中宗の妻になったか。在位期間が最も短い悲劇の王妃として、1行ほどしか記録がないんです。あとは民間の歴史書や伝説のようなもの。「チマ岩伝説」を聞かれたことがありますか? それらをもとにして脚本家の方がキャラクターを作ってくださいました。そこに私が、自分の想像力を加えて肉づけをしていきます。


「別れのキスが他のどんなセリフよりも印象的」

――キャラクターについてどのような想像をしましたか?

パク・ミニョン:このドラマはフィクションで、チェギョンはイ・ヨク(中宗)とイ・ユン(燕山君)、2人の男に愛されるという設定です。2人の男性が命を懸けて守ろうとする、兄弟の絆を断つことさえもいとわずその女性を欲する。いったいどれほど魅力的な女性なら、そこまで男性を引き付けるだろう? そう考えて、チェギョンは本当に愛らしい女性だったはずだと思いました。仲むつまじく暮らす豊かな家庭の一人娘、現在で言えばダイヤモンドのスプーンをくわえて生まれた女の子です。周囲から愛されたでしょうし、世の中の悪いところを見ずにスクスクと育ち、まるで博愛主義者のように愛にあふれていたはずです。ですから、シン・チェギョンを表現する時、とにかく愛らしく映るように努力しました。そのように役作りをしましたね。

――ですが、ヨクが王になったあと、両親を亡くしたチェギョンは愛するヨクに刃を向けます。そんな複雑な感情を演じた感想は?

パク・ミニョン:チェギョンにとってヨクは最愛の人で、唯一信じていた人です。ご覧いただくと分かると思いますが、ヨクに刃を向けるほど追い詰められる前に、何度も頼んでいるんです。イ・ヨクという人物、つまりチェギョンの愛する人に。彼に「私の家族だけは守って」と何度も頼みます。それだけ、彼が苦しい立場にあることも知っているんですね。チェギョンの父親はヨクよりユン(燕山君)に忠義を尽くす人物です。だから自分の父親はヨクにとって守りにくい人物であることを十分に知っている。だから何度も家族を守るよう頼むんです。そのたびにヨクはきっと守ると答えます。しかし、チェギョンは変わり果てた両親の遺体を見つけることになります。そんな状況に陥れば理性的な判断ができなくなりますし、チェギョンは夫であるヨクを恨んでしまうんです。チェギョンはヨクに憎悪の念を抱きます。でも一方で、彼のことを愛している。だからその愛憎の念を表現しようと努力しました。少し考えれば、手を下したのも指示したのもヨクではないこと分かるはずなんですよね。ヨクを王に推戴しようとするクーデター派の臣下たちの仕業なのは明らかです。しかしその時の彼女は正気ではないんです。両親が殺されてしまい何も残されていない彼女に、理性的な判断など不可能です。チェギョンは両親を失って天涯孤独になってしまいます。しかも愛する人が犯人かもしれないんです。そんな心理状態を考えつつ、計算して演技をしたというよりは自然な感情に従いました。

――特に印象的だった場面はどこでしょう。

パク・ミニョン:私はこのドラマでたくさん泣きました。笑っている場面は、ほとんどなかったですね。やはり私の中で特に印象に残っているのは、泣いた場面だと思います。ヨクに別れを告げる場面が、個人的には胸がとても痛んだシーンでした。韓服の紐を断ち切りながら「ちまたでは、このようにして離縁を請うそうです」。そう言うんですよ。「愛しているからこそ別れる」なんて、私には到底理解できませんが、役に没入してみると理解できる気がしました。役になりきっていたので、本当に胸が痛みました。またその時、ヨク役のウジンさんが、無邪気な子供のような表情をして、別れを受け入れられずにいるのを見ると、余計につらかったです。考えてみると、その時の2人は、まだまだ若いんですよ。そんな2人が自由に愛し合えないなんて、胸が締めつけられるような気持になったのを覚えています。

――忘れられないセリフは?

パク・ミニョン:セリフよりも、別れを告げる場面で交わしたキスが忘れられませんね。別れを受け入れた2人の最後のキスです。そのキスは、チェギョンからの最後の贈り物なんですよ。ヨクもある程度は別れを覚悟していたと思います。でも実際に別れを告げられたら辛くて、別れのキスをする気にはなれないでしょう。それで初めて、チェギョンのほうからヨクにキスをしたんです。そのキスが他のどんなセリフよりも印象に残っています。チェギョンの心情がよく表れていました。



「『トキメキ☆成均館スキャンダル』で男装には慣れっこ」

――涙を流すシーンが多くて、体力的に大変だったのでは?

パク・ミニョン:「体力的につらいと思ったことは一度もないです」「演技をするのはすごく楽しいから」とインタビューに答えた日、病院に運ばれました(笑)。今でも週に2回は点滴をしています。私が嘘をついていたわけではなく(笑)、知らないうちに無理をしていたようですね。自分では気づかなかったようです。自分でも、よく頑張っているなとは思っていましたが……。体力的にまだまだやれると思っていたのは間違いだったようです。つらい感情表現をする場面、どん底を味わうような場面が多かったので、知らないうちに体力を消耗していたようです。

――涙の演技に秘けつはありますか?

パク・ミニョン:涙の演技をする時に、私は別にノウハウというようなものは持っていません。私なりのやり方があるとすれば……私は演技に入る前に、感情を高めるため音楽を聴いたりとか、そういうことはしません。感情の準備はしないんです。まずセリフを確認して、どんなシチュエーションなのかを把握します。そしてリハーサルで雰囲気を見ながら、相手役と呼吸を合わせるんです。そこで新たに生まれる感情があるんですよ。それらを参考にしながら、あとは本能に任せています。その状況になったつもりで役を演じないと、涙は一滴も出ません。だから私はその状況に没入することを大事にします。そうでなければ涙を流すのは難しいです。実は、涙が重要ではないんです。涙を流さないほうが悲しく映ることもありますし。でも、今回はたくさん泣きましたけどね(笑)。あとで画面を見て、こんなに泣いていたんだと自分でも驚きました。それはチェギョンの感情に従ったからで、彼女がそうさせたんだと思います。キャラクターのことを一番よく知っているのは、それを演じた俳優なので、きっと間違ってはいないはずです。

――方言で演技をするにあたり、特別に準備したことは?

パク・ミニョン:チェギョンは慶尚道の居昌(コチャン)の出身です。だから慶尚道出身の友人を訪ねて回りました。まだデビュー前の俳優の友人から会社勤めをしている友人、その他、燕山君の王妃シン妃を演じたソン・ジインさんが慶尚道の巨済島(コジェド)の出身なので彼女にも。いろんな友人に頼んで録音させてもらいました。そして撮影前にそのテープを繰り返し聞きながら練習したんです。私は方言を使わないので全く話せません。身近に使う人もいませんでしたし親戚にもいません。だから方言が一番の難関だと思って一生懸命に聞いて覚えました。幸いにも方言のセリフは少なめでよかったです。長くなればボロが出るでしょ? 簡単に練習できる短いセリフを用意してくださったので、どうにか乗り切れました。チェギョンの少女時代を演じたシウンも、慶尚道の出身ではないのでネイティブが聞くと不自然だと言われました。でも子役からキャラクターを引き継ぐ必要があるので、シウンの方言も研究しました。彼女の抑揚をマネすれば大人になった姿と自然につながるので。

――序盤に男装の場面がありましたが、男装をする時の秘けつのようなものはありますか?

パク・ミニョン:秘けつはありません。ただ私は、男装には慣れているんです。半年ほど男装で過ごした経験もあります。「トキメキ☆成均館スキャンダル」の時ですね。だから負担に感じませんでした。いったん男装をしたら、もう覚悟を決めて役になりきるしかありません。今回は序盤だけでしたが、現場の反応はよかったですよ。お前は男装のほうが似合ってると言われました(笑)。


「イ・ドンゴンさんとヨン・ウジンさんとの相性は…」

――共演したイ・ドンゴンさんとヨン・ウジンさんについて感想をお聞かせください。

パク・ミニョン:お2人の新たな魅力を発見することが多かったですね。私は共演する相手役が決まっても、その出演作を観たりはしません。彼らを役のキャラクターとして受け入れたいんです。ドンゴンさんの場合、台本の読み合わせの時までは紳士的でロマンチストなイメージでした。私は子役の時代が終わって第4話の最後に登場するんですが、その時に会ったら、目がとても怖かったんですよ。役に入り込んでいることに気がつきました。ドンゴンさんの瞬発的な集中力などは、イ・ユン役にふさわしかったと思います。洗練されたすてきな演技をなさいますし、何より作品に対する熱意を感じましたね。とてもすてきな先輩です。ウジンさんに初めて会った時は、とにかくソフトな印象を受けました。ソフトで紳士的なイメージですね。ヨクというキャラクターにとても合っていました。プロとしての俳優の姿と、天真爛漫な江原道の青年の役、それが絶妙に調和していましたね。ウジンさんは人としても本当に魅力的な方ですし、俳優としても一生懸命で誠実、相手役への気配りができる方です。演技に入る前から私を気遣ってくれました。すべての場面で私を引き立ててくださって、すばらしいパートナーでした。

――イ・ドンゴンさんとヨン・ウジンさんの共通点と相違点は?

パク・ミニョン:お二人とも演技がお上手です。セリフの覚えもいいですし、理解力が優れているという共通点があります。相違点は……何かしら? キャラクターの違い、イ・ヨクとイ・ユンの違いですかね。チェギョンにとってヨクは愛の対象、ユンは憐憫の対象です。ユンは花に例えるならツツジのように愛情深い人。ヨクは最初、悪い男だったんですが、最後は甘くて優しい姿を見せてくれました。

――パク・ミニョンさん自身、お2人とは相性が良かったのでは?

そうですね。息はぴったりでしたし、ファンの皆さんの間でも、かなり好評だったと聞きました。それがドラマの成功に結び付いたと思います。

――3人の中で、キャラクターの性格と一番似ているのは?

パク・ミニョン:まずドンゴンさんは全然違いますよね。ドンゴンさんを除いて似ているのは誰でしょう? しかし、演じたキャラクターに似ていると言うのは変ですよ。もしウジンさんが似ているとすると、野望に満ちた男になってしまう(笑)。よく分かりませんね。3人とも個性的なキャラクターなので、演じた俳優とは似ていないと考えたほうがいいと思いますよ。本当に個性的なキャラクターだったから。

――チャンソンさん(2PM)と共演された感想は?

パク・ミニョン:約10年ぶりですが、まったく変わっていません。お互いに「変わらないね」と言い合っています。もちろん10年もたてば、顔は変わったと思いますよ。私の場合、20代前半から30代になりました。でも彼はすてきに成熟していましたね。

――ほとんどNGが出ない現場だと聞きましたが。

パク・ミニョン:確かにセリフのNGは、ほとんどありませんでした。その代わり、感情を表現する場面で、暑くて汗が流れたとか、泣く場面で涙と一緒に鼻水が垂れたとかでNGになったことはあります。涙はきれいだけど鼻水は汚いでしょ(笑)。鼻水が垂れているのを見かねて監督が止めました。そして鼻をかんでから撮るというNGはありましたね。

――撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

パク・ミニョン:撮影が始まり、「本番!」の声がかかると、もちろん適度の緊張感は生まれます。しかし、撮影後まで演じたキャラクターを引きずることはありませんでしたね。そんなことをすれば、疲れて倒れてしまいます。なにしろ殺し合いですからね。後半は多くのキャラクターが死んでいきました。生き残った人たちは喜んでいました。そんな現場の雰囲気は、私には面白かったですよ。台本を見て「私は生き残った」とか「今日は誰が死んだ?」とか(笑)言いあっていました。


「『七日の王妃』は30代のターニングポイント」

――今回の相手役は2人とも年上でしたね。

パク・ミニョン:ええ。「オッパ(お兄ちゃん)」と呼びかけることができるのが、私は気に入りました(笑)。自分より年下の場合は、名前で呼ぶでしょう? 実をいうと、私は年下の男性があまり得意ではないみたいなんです。「ヌナ(お姉さん)」と呼ばれると、対等に愛さなければいけない相手であっても、急にかわいく思えてしまうんですね。相手役が年上だとやはり頼りになります。個人的な好みですけど(笑)。「リメンバー~記憶の彼方へ~」で共演したユ・スンホさんも、「ヒーラー~最高の恋人~」で共演したチ・チャンウクさんもすばらしいパートナーでしたが、やはり「オッパ」と呼べるほうが気楽です。同い年はくらいなら、まだ大丈夫なんですけどね。1歳くらいの差なら気にしませんが、かなり年の差があると困ります。その点で、今回はよかったです。

――監督とタッグを組むのは3回目だとか?

パク・ミニョン:配役の中で、私が一番最初にキャスティングされたんですよ。監督や脚本家の方と食事をした時に、監督が私に言ったんです。「女優に会っているとはとても思えない」「妹と会っているようだ」って。「ひどい」と言い返したものの、自分がスッピンだったことに気がつきました(笑)。2人とももうお互いに幻想を抱いていないし、自分をよく見せようと見栄を張るような時期は過ぎてしまったんだと思います。近頃は気楽に接していますね。監督の撮影方法や、現場をどう引っ張っていくのかは、私もよく知っていますし、監督のほうも、私の演技スタイルをご存じです。それがお互いにうまく作用しているのかもしれません。

――ドラマのタイトルのように、「七日間」という時間を与えられたら、何をしますか?

パク・ミニョン:ちょうど今が休暇中なので、特にありませんね。7日は短すぎませんか? 忙しい時なら「7日あれば寝たいです」と答えるんですが、今は休暇中なので……。7日間あれば、ヨーロッパとは言いませんが、近場で旅行してみたいですね。最近は済州島に魅力を感じているんです。だから一度、行ってみたいですね。バラエティー番組で観たんです。済州島に遊びに行きたいな。

――ターニングポイントになった作品があれば、教えてください。

パク・ミニョン:30代のターニングポイントは、まさに「七日の王妃」ではないかと思います。ここ最近出演した作品では、明るい女性を演じることが多かったんです。それで私の中に、演技に対する不満というか葛藤が生じていました。だからこそ、もっと深みのある演技をしたくなっていたんですね。これまでは職業は異なるものの、常に強い女性を演じてきました。明るくて快活な女性ばかり演じていたので、女優としての自信を失いかけていたともいえます。そんな時に出会ったのが「七日の王妃」でした。ご存じかと思いますが、この作品では笑顔を見せません。これまでとは違う役どころです。この作品で思いきり泣く演技を披露して、思いきり暗い人物になりきりました。また悲恋の物語のヒロインを演じた作品なので、個人的にも意味深いですし、女優としても成長できた作品だと思います。これを演じたことで、また別の様々なキャラクターを演じたいという思いも生まれました。自信もつきましたし、難しい宿題を解いた気分です。今後は演技の幅が広がりそうですね。

――日本のファンの皆さんにメッセージをお願いします。

パク・ミニョン:「七日の王妃」は大人たちの恋愛ドラマだと思っています。命を懸けて熾烈に戦いながら愛する究極の恋愛をお楽しみください。ドラマをご覧になった方からは、たくさん泣いたという感想をいただいています。秋か冬に放送されるかと思いますが、寒い季節にぴったりの悲しい恋愛ドラマがお好みなら、「七日の王妃」をぜひご覧ください。

■「七日の王妃」リリース情報

DVD-SET1&DVD-SET2 好評リリース中
各¥19,000+税
※DVD Vol.1~16 好評レンタル中

U-NEXT にて独占先行配信中!
https://bit.ly/2t44ivE

発売・販売元:NBC ユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2017 KBS. All rights reserved

公式サイト:http://kandera.jp/sp/nanoka/

記者 : Kstyle編集部