パク・ソジュン、パク・ミニョンとの熱愛ハプニングに言及「好感は…」

TVREPORT |

写真=AWESOME ENT
俳優パク・ソジュンが、女優パク・ミニョンとの突然の熱愛説に言及した。

31日、ソウル市江南(カンナム)区論硯洞(ノンヒョンドン)のあるカフェで行われたtvN「キム秘書がなぜそうか」の終了インタビューでパク・ソジュンは、パク・ミニョンとの熱愛説を解明した。

パク・ソジュンは熱愛説に関する質問をされると「この話で今日から今週いっぱい、ずっと話題になると思いました。対応する自信もあります。ただ、ドラマ自体に焦点を合わせるインタビューであって欲しいです」と話し「皆でとても頑張って作った作品なので、ドラマの終了と同時に熱愛説が浮上して少し残念だと思いました。ドラマにもうちょっと集中していただいてから、(熱愛説が)出てくればよかったと思います。今日も集中されると思いますが、僕はそういう風にお願いしたいと思います」と話した。

パク・ソジュンは、パク・ミニョンとの熱愛説が前からあったという話に対して「僕も話は聞きました。僕がパク・ミニョンさんを、このドラマにキャスティングさせたというのはありえない話です」と強く言った。

そして彼は「ドラマのキャスティングなので、僕が連絡するわけありません。制作費が入るわけですし、キャスティングは監督の仕事ですし、僕の息が掛かることはできないと思います。ただ、僕のキャスティングが一番先に決まったので、監督が僕にパク社長とイ・ソンヨンの役に誰がいいか悩んでるけど、誰か推薦してくれる人はいないかと聞いただけです」と述べた。

続いて「制作会社もこう言っていますし、ファンにもこう話していますけど、作品に出会うのは縁だと思います。スタッフでも俳優でも縁だと思い、その縁を受け入れてうまくやっていこうと思います。僕はそれほど力の強い人でもないし、制作をする人でもありません。僕も誰がキャスティングされるか待っていた人です」と付け加えた。

最後に「ミソとヨンジュンが似合いすぎて、そのような言葉が出たんだと思います。だから悪く思うのではなく、このような影響を及ぼしたんだと思いました」と熱愛説はハプニングだったと説明した。

写真=「キム秘書がなぜそうか」
今後、本当の交際に繋がる可能性はないかという質問もあった。パク・ソジュンは「可能性と言われると、なんと申し上げればいいかわかりません。愛し合う仲を演じるのでこの人の長所は何か、綺麗だなと思うべきですし、そうすれば好感は当たり前のように生じると思います。可能性については、長く見なければならないと思います」と答え、視線を引きつけた。

27日、あるマスコミはパク・ソジュンとパク・ミニョンのInstagramを通じて、2人のカップルアイテムにも見える小物が発見されて疑惑は大きくなった。しかし、2人はそれぞれの事務所を通じて「ただの親しい同僚だ。恋人ではない」と否定した。

これはパク・ソジュンとパク・ミニョンが「キム秘書がなぜそうか」で完璧なケミ(ケミストリー、相手との相性)を披露したからだと見られる。パク・ソジュンは劇中で自己愛の強い副会長イ・ヨンジュン役を務め、秘書界のレジェンドことキム・ミソ(パク・ミニョン)と胸ときめく恋人演技を披露し、ドラマは大ヒットした。

パク・ソジュン&パク・ミニョン、ドラマ共演の二人に突然の熱愛報道…双方の事務所が即否定

パク・ソジュン、ドラマ「キム秘書がなぜそうか」放送終了の感想を明かす…“また幕を下ろしましたね”

記者 : ソン・ヒョジョン