チェ・スビン&イ・ドンゴン&キム・ジス、新ドラマ「キツネ嫁星」への出演を確定…イ・ジェフンと共演

TVREPORT |

写真=Little Big Pictures、Toinエンターテインメント、FNCエンターテインメント、NAMOO ACTORS
イ・ジェフン、チェ・スビン、イ・ドンゴン、キム・ジスが新ドラマ「キツネ嫁星」への出演を確定した。

現在放送中の「30だけど17です」の後番組で、韓国で10月に放送される予定のSBS新月火ドラマ「キツネ嫁星」(脚本:カン・ウンギョン、演出:シン・ウチョル)はそれぞれの傷と欠乏を抱いたまま仁川(インチョン)空港で出会ったイ・スヨンとハン・ヨルムが、仁川空港を通る数多くの人に出会うことで人と愛に感動する“ヒューマンメロー成長記”だ。

「キツネ嫁星」は、韓国で初めて仁川(インチョン)国際空港の“心臓と肺”の役割をする旅客サービス所を背景に、見えないところで熾烈に世の中を動かす人々の姿を通じて今年秋に視聴者に面白さを与える予定だ。

イ・ジェフンとチェ・スビン、イ・ドンゴン、キム・ジスが出演を決定し、信頼できる俳優たちの組み合わせで話題を集めている。ベテラン演技派俳優と覇気のある新人俳優らが調和した、最高のキャスティングが完成されたのだ。

まず、イ・ジェフンは韓国科学技術院卒業という珍しい経歴とともにTOEIC満点と、最高の点数で仁川空港に入社したイ・スヨン役を演じる。6ヶ月だけここで生活することを目標に仁川空港に入り、周りの人といつも適度な距離を取っている謎めいた人物だ。ドラマ「シグナル」、「明日あなたと」、映画「建築学概論」、「パパロティ」、「探偵ホン・ギルドン」、「消えた町」、「パク・ヨル」、「I can speak」などの様々な作品を通じて、“信頼できる俳優”としての地位を固めてきた、イ・ジェフンが新しく披露する繊細なキャラクターに注目が集まっている。

チェ・スビンは夢の職場を探して仁川空港に入社したハン・ヨルム役を演じる。毎日離着陸する飛行機を見ながら仕事をしているが、本人は飛行機に乗ったことのない人物。3回の失敗の末、やっとの思いで仁川空港に入社するが、様々な事故を引き起こす“人間爆弾”として世話になりながら、空港内で一番大変だという旅客サービスチームへの勤務を発令される。安定的な演技力で次世代の“興行クイーン”と言われているチェ・スビンの出演がさらに期待を高めている。

イ・ドンゴンは柔軟なカリスマ性と親和力、リーダーシップ、深刻な状況を変えるユニークさまで備えた旅客サービス運営企画チーム長のソ・イヌ役を演じる。処世術の上手な臨機応変の達人で、誰よりも出世が早く、仁川空港の若い実勢の人りになった人物。前作「スケッチ」を通じて印象的な演技を披露したイ・ドンゴンが披露する“野心男”のキャラクターに注目が集まる。

キム・ジスは仁川空港旅客サービス処の旅客サービスチーム長であるヤン・ソグン役を演じる。危機の時でも堂々と、顧客には優しい熱血キャリアーウーマンで、ハン・ヨルムとイ・スヨンの職場生活をうまくリードする人物だ。「太陽の女」、「温かい一言」、「記憶」など出演する作品ごとに存在感を誇るキム・ジスのカリスマ性溢れる変身が予告される。

また、仁川空港係留場運営チームで働くノーマルクラッシュ族でコ・ウンソブ役のキム・ロウン、責任感の強いセキュリティーチームで働くオ・デギ役のキム・キョンナム、柔道国家代表出身のセキュリティーチーム所属ナ・ヨンジュ役のイ・スギョンなど、ホットな若手俳優とホン・ジミン、チャン・ヒョンソン、イ・ソンウク、アン・サンウなど貫禄溢れる演技派俳優たちがより豊かなストーリーを披露する。

「キツネ嫁星」を制作するSAMHWAネットウォークスは「まだ何もかもが疎い新入社員だが、人々と激しくぶつかりながらコミュニケーションする方法を学んでいくイ・スヨンとハン・ヨルムの奮闘記が視聴者を魅了させる予定だ。全てが特別な仁川空港を背景に感動を与えるヒューマンメロードラマの誕生を楽しみにして欲しい」と伝えた。

新ドラマ「キツネ嫁星」は10月に韓国で初放送される予定だ。

記者 : シン・ナラ