「キム秘書がなぜそうか」2PM チャンソン“現場の雰囲気は最高…打ち上げはパーティ状態に”

MYDAILY |

写真=JYPエンターテインメント
2PMのチャンソンが、ドラマに没頭するために努力した話を伝えた。

チャンソンは最近、ソウル城東(ソンドン)区聖水洞(ソンスドン)にあるカフェーで、韓国で最近放送終了となったケーブルチャンネルtvN水木ドラマ「キム秘書がなぜそうか」(脚本:ペク・ソヌ、チェ・ボリム、演出:パク・ジュンファ)の放送終了インタビューを行い、多様な話を伝えた。

先月26日に放送終了となった「キム秘書がなぜそうか」は視聴率8.6%を記録、同時間帯で1位を獲得しながら有終の美を飾った。主演俳優だったパク・ソジュン、パク・ミニョンに対する視聴者たちの情熱的な愛情から、チャンソンを皮切りにカン・ホンソク、ファン・ボラ、ピョ・イェジンなど多彩に劇に活気を与えた助演たちの魅力も視線を引き付け、高い話題性を誇示した。

チャンソンも人気を実感しているようだった。現場の雰囲気について聞くと、彼は「とても楽しかったです。現場の雰囲気がとても良かったんです。素晴らしい作品に出演することになって、記憶に長く残るでしょう。とても楽しくて打ち上げも殆どパーティーの雰囲気でした。スキンシップシーンでも出ると、店の中が大騒ぎになりました」と話し、楽しかった雰囲気を伝えた。

「(ファン)ボラ姉さんが撮影現場のムードメーカーでした。ピョ・イェジンさんとの呼吸も楽しかったし。付属室の人々の間の雰囲気もとても良かったんです。台本にはないアドリブでいろいろ試みてみましたが、監督が喜んでくれて放送に入れた部分が多いです。確実に現場で楽しく撮影すると、放送も楽しく見えるんだと思いました」

実はチャンソンが演じたコ・グィナムキャラクターは、原作では存在感が殆どない。明確なエピソードもなかっただけではなく分量も少なく、ピョ・イェジン(キム・ジア役)とのロマンスも同じだった。しかし、コ・グィナムはチャンソンのアイデアを通じて生まれかわった。頭から足先まで完璧なビジュアルを誇示する完璧主義者だが、実は“ケチ”であるキャラクターに拡張させたのだ。

「原作でコ・グィナムはエピソードがなかったでしょう。出演を決定する前にウェブ漫画を第70話まで読みましたが、コ・グィナムは2回しか出なかったんです。それで僕がミーティングする時にいろいろアイデアを提案しましたが、監督が喜んでくれました。『チャンソン、やってみよう!』と(笑)。劇中、コ・グィナムは鉄壁男ですが『実はお金を節約するために鉄壁男になったもの』というアイデアを思い出しました。その夜、僕がA4用紙の1枚半分量でキャラクターに対する説明を書いて監督に送りました。僕は他の作品でもそんなことを書いたことがありますが、直接監督に送ったのは今回が初めてでした。とても満足しています。ありがたいです」

“ケチ”だが目標は明確な、コ・グィナムのキャラクターと実際のチャンソンの姿とのシンクロ率を聞くと、チャンソンは「コ・グィナムは過去によって執着的にお金を集めるキャラクターです。そのような姿たちは僕が何かに執着する姿が、誇張された姿です。僕は休憩時間を分けて使うスタイルです。このようなことも執着の一環でしょう。このようなことが最大化されてコ・グィナムキャラクターの一部になったと思います」と冗談を言った。

最近浮上したパク・ソジュンとパク・ミニョンの熱愛説に対しても言及した。チャンソンは「全くそんな雰囲気ではなかったのに、なぜ熱愛説が浮上したのか分からないです。そんな雰囲気も僕は感じることができなかったんです」と伝え、笑った。そして副会長イ・ヨンジュン役として大活躍したパク・ソジュンに向かって特別な愛情を示した。

「元々ソジュン兄さんとは個人的に親交があり、台本読み合わせをする頃からすでに知っている人々が多かったんです。それで楽しい気持ちが現場にまでつながりました。ソジュン兄さんの演技を見て『最高だ』と思いました。台本を見て『これをどういう風に表現するの?』と思ったのに、完璧に演じました。あえて羨ましい部分を選ぶなら、プロポーション? それ以外には別にありません。演技は、僕も頑張ればいいでしょう(笑)。羨ましいというよりは、ただ好きです。そのような感じです」

記者 : イ・イェウン