イ・チョンア&ソン・ジェヒ&ソン・ウォンソク、新ドラマ「甘辛オフィス」の主人公に抜擢

OSEN |

写真=MBC every1
レギュラー編成が確定したMBC every1ドラマ「甘辛オフィス」の新しい主人公としてイ・チョンア、ソン・ジェヒ、ソン・ウォンソクがキャスティングされた。

ヒロインのト・ウンス役にはイ・チョンアが抜擢され、男性主人公にはパイロット放送にも出演したソン・ジェヒがユ・ウンジェ次長役を務める。また、他の男性主人公にはイ・ジヨン、代理役はソン・ウォンソクに決まった。

イ・チョンアが務めるト・ウンス役は、明るく陽気で堂々としたキャラクターで、会社生活9年目になるキャリアウーマンだ。大学のために、就職のために、昇進のために突っ走ってきた、保証されて慣れた道を歩んできたト・ウンスは、周辺に1人くらいはいそうな“馴染みのある味”の女性だ。そんな彼女に昔想いを寄せていた男性で入社同期のソン・ジェヒ(ユ・ウンジェ)と新しく会社に現れた後輩ソン・ウォンソク(イ・ジヨン)の登場は、彼女の日常を揺さぶる。

ソン・ジェヒはパイロット放送時に続いて、ユ・ウンジェ次長役を演じ、能力のある愉快なキャラクターを務める。ユ・ウンジェ(ソン・ジェヒ)は、ト・ウンス(イ・チョンア)に“苦い味”を残した男。入社当初、自身に告白したト・ウンスがときめきのない“友達”としか思えなくて断ったが、再会した彼女に新しい感情を感じ始める。

KBSドラマ「花を咲かせろ! ダルスン」、SBS「スイッチ」などのドラマを通じて演技力が認められた俳優ソン・ウォンソクは、「甘辛オフィス」で“新しい味”の男イ・ジヨンに変身する。イ・ジヨンは顔も能力も完璧であり、自分自身もそれを知っているナルシストだ。ある瞬間から目にとまる職場の上司、ト・ウンスから他の女性たちとは違う魅力を感じて、新しい感情に目覚める。イ・チョンアを中心とした、ソン・ジェヒ&ソン・ウォンソクと3人の男女の複雑微妙な三角関係の味を期待しても良さそうだ。

「甘辛オフィス」には恋愛物語だけではなく、社会生活に対する共感と慰めが詰め込まれている。食品会社のマーケティングチームで繰り広げられる3人の男女のキャリアに対する悩みと社会生活の苦楽までを、おいしく描くものとみられる。

30代のシングル女性が職場で経験する、彼女の仕事と愛にまつわるストーリーを料理と共に紡ぎ出す社会人グルメ探訪記「甘辛オフィス」は、9月中に韓国で放送がスタートする予定だ。

記者 : ユ・ジヘ