カンヌのフィルムマーケットで韓国映画の販売が好調…輸出額が過去最高に

YONHAP |

写真=「毒戦」ポスター
5月に開かれた「第71回カンヌ国際映画祭」と併催されたフィルムマーケットで韓国映画の輸出額が過去最高を記録したことが13日、分かった。

映画振興委員会の集計によると、韓国映画はフィルムマーケットで輸出額1031万3700ドル(約11億6100万円)を記録。昨年(703万4900ドル)に比べ47%以上増加した。契約件数は292件だった。

今年のフィルムマーケットに出展した韓国企業はCJ ENMなど8社。当時は公開前だった「毒戦」(以下原題)や「ハーストーリー」、8月以降に公開される「工作」「麻薬王」「物の怪」などが現地でのプロモーションだけで海外のバイヤーからの好評を得た。

また、Netflix(ネットフリックス)などの動画配信プラットフォームを通じた世界への権利販売が持続的に行われ、アジア地域での販売が増加したことも輸出額増加につながった。

記者 : 聯合ニュース