防弾少年団、次の活動に期待高まる…8月カムバックは否定「リパッケージアルバムを準備中」

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が8月末カムバックに関連して、「決まったことはない」と明らかにした。

防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントの関係者は11日、OSENとの取材で「防弾少年団のリパッケージアルバム発売の日程について決まったものはない」と短くコメントした。

これに先駆けて、あるマスコミは防弾少年団が8月末にリパッケージアルバムでカムバックすると報道した。防弾少年団は現在、リパッケージアルバムとコンサートを準備しているのは事実だが、カムバックの時期はまだ決まっていないことが明らかになった。

防弾少年団が8月末にカムバックする場合、5月18日に発売した3rdフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 “TEAR”」以来約3ヶ月ぶりのリパッケージアルバム発売となる。

防弾少年団の新曲「FAKE LOVE」は、発売直後に音楽配信チャート1位はもちろん、初動(発売後1週間の売り上げ)100万枚突破、アメリカ「ビルボード200」1位、「HOT 100」10位を獲得し、世界的な注目を浴びる成績を出した。

また、彼らの新曲の初ステージは、アメリカ・ラスベガスで開かれた「2018ビルボード・ミュージック・アワード」であり、ここで防弾少年団は2年連続Top Social Artist賞を受賞した。まさに“防弾少年団の時代”を迎えているのだ。

防弾少年団は8月25日と26日の2日間、ソウル・松坡(ソンパ)区蚕室(チャムシル)オリンピック主競技場でワールドツアーのスタートを切る。防弾少年団はソウル公演を皮切りに、北米、ヨーロッパなどワールドツアーを続けていく。

EXO&防弾少年団がスタジアムで鳴り響く!サッカーW杯の楽曲に選定…FIFAが発表

防弾少年団、単独展示会が8月25日より開催…メンバーの写真・映像から体験スペースまで多彩な空間

記者 : チョン・ジウォン