キム・ゴウン&パク・ジョンミン主演「辺山」団体ダンスシーン練習映像を公開(動画あり)

OSEN |

写真=MEGABOX PLUSM
映画「辺山(ピョンサン)」がおまけ映像を飾った俳優たちの振り付け練習動画を公開した。

「辺山」(監督:イ・ジュンイク)側は、話題を呼んでいるおまけ映像の中の団体ダンスシーンの裏話が収められた振り付け練習映像を公開した。

今回の映像は、映画のフィナーレを愉快に飾るおまけ映像のため、俳優たち全員が集まって群舞を練習している。本格的なダンス練習が始まる前、みんなで助け合いながらストレッチをする姿から、ブルース、カル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス)、タップダンスなど、さまざまなジャンルを網羅する群舞シーンのために真剣にダンスを習って練習する俳優たちの姿が視線を集める。

撮影前に2ヶ月余りの演技と方言の練習だけではなく、振り付けの練習まで並行しながら、さまざまな方面で努力した俳優たちは、大変な練習にも笑顔を絶やさず、見る人々まで愉快にさせる。特に、映像のBGMとして使われた楽曲は、本編のオマケ映像に登場する特別なエンディング曲で、イ・ジュンイク監督と全キャストがレコーディングに参加し、有意義なエンディングに仕上がった。

「辺山」は愉快な笑いと全世代を網羅する共感で、観客たちの間で口コミが広がっている。特に、ラップに挑戦したパク・ジョンミンだけではなく、パク・ジョンミン&キム・ゴウンらがタップダンスに挑戦して愉快な雰囲気を醸し出すおまけ映像まで話題を呼び、観客たちを集めている。

「辺山」は現在韓国で上映されている。

記者 : チャン・ジンリ