「工作」ファン・ジョンミン&チュ・ジフン、予測不能な神経戦を繰り広げる姿をキャッチ…2度目の共演に期待

MYDAILY |

写真=CJエンターテイメント
映画「工作」(監督:ユン・ジョンビン、配給:CJエンターテイメント)が、南と北の人物として再会を果たしたファン・ジョンミンとチュ・ジフンの、危ない出会いが視線を引くスチールカットを公開した。

「工作」は1990年代半ば、“黒金星(フク・クムソン)”というコードネームで、北朝鮮の核の実体を暴こうとした国家情報機関のスパイが、南北の高位層との間の秘密の取り引きを察知するようになって繰り広げられるストーリーを描いたスパイ劇である。

「アシュラ」で、悪徳市長と彼の手下として毒々しい関係で出会ったファン・ジョンミンとチュ・ジフン。2人の俳優が、今回は南と北に分かれて、絶えず牽制する関係として再会する。フク・クムソン(ファン・ジョンミン)は、北朝鮮の核の実体を把握するように指令を受けて、対北朝鮮事業家に偽装して北朝鮮に向かう。フク・クムソンは、北の高位層と接触するために必ず経由する、対外経済委部長リ・ミョンウン(イ・ソンミン)に会って対北朝鮮事業を提供し、北の国家安全保衛部課長チョン・ムテク(チュ・ジフン)に出会う。

しかし、チョン・ムテクは外貨稼ぎより共和国の守護を優先する人物で、事業を目的として北に接触するフク・クムソンを絶えず疑って牽制する。彼は、保衛部の要員としての任務を携え、フク・クムソンに難関を提示し、最後まで疑いの目を離さない。このような2人の関係は、2人が一緒に登場するたびに、一時も緊張の糸を解くことができないきっ抗気流を形成する。公開されたスチールカットは、予測不可能な両者の間の微妙な神経戦を捉えており、今後どのようなことが起こるのか、好奇心を高める。

「アシュラ」の悪人たちの地獄に続いて、「工作」では分断された南北の人物としてチュ・ジフンと再会したファン・ジョンミンは、「チュ・ジフンはとてもスマートな俳優だ。チョン・ムテクという人物について、正確にエキスを搾り出す俳優だ。スマートな分析力がある俳優」と絶賛を惜しまず、チュ・ジフンは「ファン・ジョンミン先輩とは2度目の撮影で、気楽に作業することができた。なまりや演技的な面で困難にぶつかった時、先輩がよく導いてくださり、楽しくうまく撮ることができた」とファン・ジョンミンに対する愛情を表わした。

「工作」は韓国で8月8日に公開予定である。

チュ・ジフン、役作りで日常生活が不便に?!映画「工作」撮影エピソードを公開“もみあげのせいで…”

ファン・ジョンミン&イ・ソンミンら出演映画「工作」日本など111ヶ国・地域に販売…“俳優の熱演と作品の完成度を評価”

記者 : シン・ソウォン