人気YouTuberセクハラ事件に関わったスタジオ室長、飛び降り自殺か…通報受け捜査中“車内から遺書を発見”

TVREPORT |

韓国の人気YouTuberであるヤン・イェウォンの写真流出事件について、警察の調査を受けていたスタジオの室長A氏が、北漢江(プッカンガン)で投身した。

本日(9日)、京畿(キョンギ)南楊州(ナムヤンジュ)警察署は、同日午前9時頃に京畿道南楊州市渼沙(ミサ)大橋で、スタジオの室長A氏が北漢江で投身したという通報があり、現在捜査中であると明かした。

通行人が「人が車から降りて飛び降りた」と警察に通報したという。調査の結果、車はスタジオの室長であるA氏のものと確認された。

車の中にはA氏が残したとみられる遺書も発見された。遺書には、無念な心境を訴える内容が書かれているという。

これに先立ち、ソウル地方警察庁長は「ヤン・イェウォン事件において、撮影物流布に関して追加被害者2名が確認され、被害者が計8人に増えた」と明かした。被疑者は、A氏と同好会の募集役であるチェ氏(45)、イ氏の露出写真の初流出者であるチ氏、マ氏、大量流布者のカン氏(28)、再流布者のB氏、C氏の計7名だ。

ヤン・イェウォンは、5月に自身のSNSを通じて、チェ氏などからセクハラされたと主張し、同写真を流出され被害を受けたと告訴した、これについてチェ氏は、ヤン・イェウォンとやりとりしたメッセージを公開し、強要や脅迫はなかったと否定した。

韓国の人気YouTuber、セクハラ容疑で訴えたスタジオ室長に対し検察側が拘束令状を請求

“ヌード撮影強要を暴露”韓国の人気YouTuber、関係者との当時のメッセージ内容が公開…疑問の声も

韓国の人気ユーチューバー、セクハラ被害を涙で告白「20人ぐらいの男性たちに囲まれ…」(動画あり)

記者 : ソン・ヒョジョン