パク・ソジュン、マネージャーが立ち上げた新事務所に移籍へ…“10年の義理”

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
俳優パク・ソジュンが10年間の義理を守った。自身を発掘して育てたマネージャーと新しい事務所に移籍した。

本日(9日)、パク・ソジュンが新しい事務所に移籍したというニュースが伝えられた。ヤン・グンファン代表が最近立ち上げた(株)Awesome ENTと専属契約を締結したという。

これについて、ヤン・グンファン代表はTVレポートの取材で「6月末日付けでCONTENT Yを辞めた。新しい事務所を立ち上げ、パク・ソジュンと専属契約を締結した」と知らせた。

ヤン・グンファン代表はキーイーストの社長として在職していたが、昨年7月にCONTENT Yを設立して独立した。当時キーイーストからCONTENT Yに移籍したパク・ソジュンは、ヤン代表への信頼で今回Awesome ENTの出発も共にすることになった。

パク・ソジュンは2012年にドラマ「ドリームハイ2」でデビューした。ドラマ「彼女はキレイだった」「サム、マイウェイ 」、映画「ミッドナイト・ランナー」、tvNバラエティ番組「ユン食堂」シーズン2などで多くの人気を博した。現在放送中のtvN水木ドラマ「キム秘書がなぜそうか」に出演している。

記者 : チョ・ヘリョン