ソ・ガンジュン&イ・ソム、新ドラマ「第3の魅力」出演決定…“恋愛の四季”を描く

OSEN |

写真=Fantagio(ソ・ガンジュン)、Artist COMPANY(イ・ソム)
「第3の魅力」で俳優ソ・ガンジュンとイ・ソムが、2018年の秋を恋愛のときめきで染める、同い年カップルとして息を合わせる。

JTBC新金土ドラマ「第3の魅力」(脚本:パク・ヒグォン、パク・ウニョン、演出:ピョ・ミンス、制作:Imagine Asia、JYPピクチャーズ)は特別ではないが、自身の目には輝いて見えるお互いの“第3の魅力”にハマッた2人の男女が20歳の春、27歳の夏、32歳の秋と冬を一緒に過ごす、恋愛の四季を描く12年の恋愛の一大叙事詩である。ソ・ガンジュンとイ・ソムは、それぞれ現実的な模範生オン・ジュニョンと、色々な事情のある活火山のような女性イ・ヨンジェを演じる。

ソ・ガンジュンが演じるオン・ジュニョンは、必要以上に計画的で繊細で敏感で現実的な人物で、ファッションセンスとはかけ離れたメガネ、きれいにロールアップしたジーンズと白い靴下、そして染み一つないきれいなスニーカー。20歳のジュニョンを一言で定義するなら“端正な模範生”だ。人数を合わせるため、爆弾(不細工)役として出た人生初の合コンで会ったおせっかいで声の大きなヨンジェは、ジュニョンの人生で唯一計画通りにいかない恋愛をプレゼントする。

一方、即興的で感情的だが、その率直さが魅力な女性イ・ヨンジェ役のイ・ソム。親なしでただ一人だけの兄に支えられて育ち、人が遊んでいるときに一生懸命に働いて金持ちになることが目標だ。20歳に大学を諦め、夢見る美容師補助として社会に一歩を踏み出したヨンジェは、初のキャンパスライフに浮かれた友人に誘われ、人数合わせのために出た合コンで、自分とは正反対の男性ジュニョンに出会う。

「チーズ・イン・ザ・トラップ」「キミはロボット」などで、どんな役でも魅力的にこなしたソ・ガンジュン。何よりもイケメンを代表する彼が、計画通りに生きてく野暮な男オン・ジュニョンになり、どんな演技を見せてくれるのか、関心が高まっている。そして「小公女」「この人生は初めてだから」など、映画とドラマで活躍するガールクラッシュ(女性から見てもかっこいい女性)を代表するイ・ソムは、活火山のような女性イ・ヨンジェ役に扮し、高いシンクロ率を期待させる。

20歳から32歳まで時間の流れとともに変わっていく人生観と恋愛史を通じて、二人の男女は一体どんな話を届けてくれるだろうか。制作陣は「恋愛をしていると、他人には特別に見えないが、私だけにははっきり見える得体の知らない魅力を見つけたりする。全く違う男女が、短くて長い四季の恋愛を通じて見つけ出す『第3の魅力』だ」と説明し、「恋愛について新しい観点を示すパク・ヒグォン、パク・ウニョン脚本家、繊細な演出でメッセージと面白さの両方を逃さないピョ・ミンス監督、それに俳優ソ・ガンジュンとイ・ソムが合流し、今秋を本当に恋愛のときめきで染めると期待している」と伝えた。

「第3の魅力」は、映画「風邪」のパク・ヒグォン脚本家と映画「素敵な一日」のパク・ウニョン脚本家が共同で執筆し、ドラマ「フルハウス」「彼らが生きる世界」「ホグの愛」「プロデューサー」のピョ・ミンスプロデューサーが演出を務める。9月、韓国のJTBCで放送される予定だ。

記者 : パク・ジニョン