ASTRO チャ・ウヌ、ドラマ「私のIDは江南美人」でツンデレな役柄に挑戦…“魅力的なキャラクターだ”

TVREPORT |

写真=JTBC
ASTROのチャ・ウヌがドラマ「私のIDは江南(カンナム)美人」に挑戦する理由を明かした。

チャ・ウヌはJTBC新金土ドラマ「私のIDは江南美人」を通して、初めてミニシリーズに挑戦する。

ドラマでチャ・ウヌ演じるト・ギョンソクは、華やかなルックスと賢い頭脳、裕福な家庭まですべてを持っているように見えるが、実は家庭環境が複雑な男だ。無愛想で冷たい性格、生まれながらのルックスで注目を受ける人生を生きてきたが、彼自身は外見で人を評価しない人物だ。

チャ・ウヌは「隙間のない鉄壁男のように見えるが、好きな人には気持ちを隠せない率直なところが魅力的なキャラクターだ」とし、「ドラマが制作される話を聞いた時から、ト・ギョンソクの役に挑戦したかった」という。

また、チャ・ウヌは「演技はありのままの姿ではなく、内面の何かを引き出す過程だと思う」とし、現場ではなくテレビを通して視聴者に会うだけに、モーション、発声、眼差しなど細かいところまで気を配り、ギョンソクの魅力を見せるために努力している。

特にチャ・ウヌは、現場で先輩からアドバイスを聞いたり、ウェブ漫画でクローズアップされたギョンソクの表情と台詞を実際に読んでみることが大きく役立ったそうだ。「ウェブ漫画とはまた違うチャ・ウヌだけのト・ギョンソクを見せたい」という彼の覚悟が、どんな結果を生み出すか期待されるところだ。

最後にチャ・ウヌは「『私のIDは江南美人』が、視聴者にトキメキいっぱいのキャンパスライフの素敵な思い出を蘇らせる成長ドラマになればと思う」とし、「現実的なキャラクターが描いていくエピソードの中で、共に傷を癒していくミレ(イム・スヒャン)とギョンソクの成長に関心と期待をお願いしたい」と伝えた。

「私のIDは江南美人」は、子供のころから“ブサイク”とからかわれ、整形手術で新たな人生を得られると思った女性ミレが、大学入学後、夢見ていたものとは異なるキャンパスライフを始めることで、本当の美しさを見つけていく予測不能な成長ドラマだ。7月にJTBCで初放送される予定だ。

記者 : チョ・ヘリョン