ソヒョン、新ドラマ「時間」スチールカットが公開“シェフを夢見る前向きな女性”

MYDAILY |

写真=MBC
ソヒョンが“熱血シェフ志望生”として初登場した撮影現場が、本日(28日)公開された。

ソヒョンはMBC新水木ドラマ「時間」(脚本:チェ・ホチョル、演出:チャン・ジュンホ)でお金を稼ぐことができない母親のせいで、“少女家長”という肩書きを持っているが、いつかはフランスに行く日を夢見る、明るく前向きな性格のソル・ジヒョン役を引き受けた。突然の弟の死をめぐって悲しい運命を生きることになる人物である。

ソヒョンは先月7日、淑明(スクミョン)女子大学で初めての撮影を開始した。この日公開されたスチールカットは、劇中ソル・ジヒョンが外食事業本部の実技試験を受けるシーンだ。ソヒョンはきっちりと髪をまとめてコック帽から服装まで、完璧な清潔感あふれる“未来のシェフ”の姿で登場した。

ソヒョンが引き受けたソル・ジヒョンは、韓国料理、洋食、中華など様々な料理の資格を所有するほど、料理に対する愛情が格別な人物だ。撮影を控えて料理の練習も怠らなかったソヒョンは、撮影の合間にも様々な調理器具に関心を示すなど、ソル・ジヒョンのキャラクターに200%没頭した熱血女優の姿を見せたと制作陣は伝えた。

初めての撮影を終えたソヒョンは、「情熱いっぱいの監督と脚本家の先生、また素晴らしい俳優たちとスタッフのおかげで、良いエネルギーをもらって楽しく撮影している。ソル・ジヒョンとして生きていくことができる時間、後悔せずにうまく演じたい。皆が限られた時間の中で、各自の生活を熾烈に生きている、また熱く愛し合いながら生きる人々の話でいっぱいのドラマ『時間』に、多くの関心と愛をお願いしたい」と述べた。

「時間」は「こっちに来て抱いて」の後番組で、韓国で7月に初放送される。

記者 : パク・ユンジン