防弾少年団、アメリカの人気トークショーに2年連続で出演…新曲「FAKE LOVE」のステージに熱い歓声

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に2年連続で出演した。

防弾少年団は12日(米現地時刻)に放送されたアメリカの人気深夜トークショー「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演した。昨年12月の初出演に続き、今回が2度目だ。

「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」は有名タレントでコメディアンであるジェームズ・コーデンが司会を務める米CBS放送の深夜トークショーで、アメリカで高い人気を得ている。

この日、本格的な放送に先駆けて、ジェームズ・コーデンは「タイムズ紙が『インターネットで最も影響力のある25人』のうち1人に選んだ、マルチプラチナセーリング、韓国のボーイズバンドがここに来ている」とし、楽屋でステージを準備している防弾少年団と挨拶した。また、防弾少年団を「世界中で最もホットなボーイズバンドだ」と紹介した。

ジェームズ・コーデンは防弾少年団のステージ直前に登場し、3rdフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 “TEAR”」とタイトル曲「FAKE LOVE」を紹介し、防弾少年団のステージの始まりを告げた。

防弾少年団は観客として集まった多くのファンの前で、タイトル曲「FAKE LOVE」のライブ公演を披露した。観客たちは一緒に歌を歌いながら、熱い歓声で防弾少年団を応援した。

ジェームズ・コーデンはステージを終えた防弾少年団とハグをし、トークショーを終えた。

記者 : ソン・ミギョン