ハム・ソウォン、43歳で第1子妊娠が判明…病院で嗚咽する姿も

TVREPORT |

写真=TV朝鮮
女優ハム・ソウォンが産婦人科で嗚咽する姿が捉えられた。

韓国で12日に放送されたTV朝鮮「世の中どこにもない、妻の味」では、43歳で初めて妊娠の診断を受けたハム・ソウォンの姿が公開された。

第3回の予告編では、「妊婦ハム・ソウォンさん!」と呼ぶ看護師の声が聞こえてきた。ハム・ソウォンは妊娠10週目だった。

予告編では、超音波モニターを見ながら「これ、なぜできないんだろう」と焦る医療陣の姿が見え、緊張感を与えた。驚いたハム・ソウォンは「赤ちゃんの心臓の音、なぜ聞こえないんですか?」と質問した。夫の金范(ジン・ファ)は「大丈夫?」と不安がった。

予告編の後半には嗚咽するハム・ソウォンと、彼女を慰める金范の姿が交差し、2人に何が起きるのか関心が集まっている。

記者 : シン・ナラ