DIA チェヨン&キム・ソンチョル、新ドラマ「To. Jenny」主人公に決定…7月10日より放送スタート

OSEN |

写真=MBK、BSカンパニー
DIA チェヨンと俳優キム・ソンチョルがKBS 2TV新ドラマ「To. Jenny」の主演にキャスティングされた。

「To. Jenny」(脚本:イ・ジョンファ、演出:パク・ジヌ)は、誰もが一度は感じた初恋のときめきや宝石のようなインディーズ音楽が調和した新しい形式のミュージックドラマだ。初恋に対するときめきいっぱいの純愛を歌で表現する男性と、厳しい環境の中で一つの夢に向かって突っ走っていく女性のストーリーを描く。

次世代“国民の初恋”として注目を浴びているチェヨンは「To Jenny」を通じて、男性主人公が想いを寄せる相手役に決まった。逆境の中でも夢に向かって頑張る女性であり、堂々とした姿を披露し、新しい魅力を見せる予定だ。

チェヨンは「初主演を務めただけに、ドキドキして有意義な作品になると思います。確定した時、ミュージックドラマなので負担がとても大きかったです。何もかも未熟な私なので、もっと一生懸命頑張らないといけないと思いました。一つの挑戦です。未熟ですが、キャスティングしてくれた『To. Jenny』の制作陣に感謝し、視聴者の方々に良い姿を披露できるように努力します」と出演の想いを伝えた。

チェヨンと共演するキム・ソンチョルは、今年初めtvNドラマ「賢い監房生活」を通じて、監房の公式説明好きであるポプジャ役を自身だけの個性あふれる演技で表現し、視聴者たちに強い印象を残した。また「To. Jenny」では、どんくさいが純粋で愛らしい純愛を見せる男性主人公ジョンミン役を務めて、安定した演技はもちろん、ミュージックドラマらしくギターと歌の実力まで披露する予定だ。

何よりも、これまでさまざまなミュージカルのステージで見せた彼の音楽的な能力が、今回のドラマに対する期待を高めているという。キム・ソンチョルは「初恋の純愛を見せるジョンミンのキャラクターが良かったです。音楽が調和したドラマであり、もっと心に響くものがありました。視聴者の方々にも、僕の新しい魅力を披露できると思うので、楽しみです。一生懸命頑張ります」と出演の想いと覚悟を伝えた。

韓国で7月10日から放送がスタートする。

記者 : パク・ジニョン