Block Bから誕生したユニットT2Uが日本で新曲をリリース!「僕が“一緒にやろう”って口説き落としました(笑)」

KSTYLE |

Block Bから派生したボーカル・ユニット、T2U(トゥーユー)。テイルとユグォンで構成された2人ユニットが日本で新曲2曲を立て続けにリリースした。さらには5月18日より日本各地でライブハウスをまわるツアーを開催。普段からJ-POPを愛するという2人にT2Uの新曲やライブについて、さらには今後の展望とファンに望むことなどなど、たっぷり話を聞いた。

【PHOTO】Block B テイル&ユグォンによるユニットT2U「僕はJ-ROCKが好き…ラルクやB'zも大好き」

【プレゼント】Block B テイル&ユグォン「T2U」直筆サイン入りポラを3名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

――5月16日に新曲「Good Bye」が、17日に「遅すぎるのに」が先行解禁となりましたが、レコーディングはどうでした?

テイル:実は「遅すぎるのに」は1年もの間あたためておいた曲なんです。これまで何度も繰り返し聴いていた曲なので、レコーディング自体は順調でした。今回はボーカルの先生がコーラスに参加してくれたので、曲もよりよくなったと思います。

ユグォン:1年間、レコーディングできなかった理由は編曲に時間がかかったからなんですけど、最初は編曲がイメージが合わないということで何度もやりなおして、1年がかりで完成した曲です。

――この2曲はどちらもラブソングですけど、歌詞には2人の経験が込められているんですか?

ユグォン:「Good Bye」は僕が書いた曲で、守ってあげられなくてごめんねっていう内容なんですけど、本当にそういう経験をしたわけではないですよ。テレビドラマや映画にはよく出てくる話なので、そこから想像を膨らませて書いた歌詞です。

テイル:僕が実際にこんな経験をしたかどうかは、秘密です(笑)。

ユグォン:「遅すぎるのに」はメロディは明るいんだけど歌詞は悲しいんですよ。だから、悲しいけれども笑っているような感じが出せたらいいなと思ってたんですけど、テイル兄さんは本当にそんなふうに歌ってくれたのでうれしかったですね。

――T2Uは2人のユニットですが、2人だからこそやれることは?

ユグォン:僕たちが歌う姿をたくさん見せられるのがいいですよね。Block Bとはまた違った感じでやりたくて結成したユニットなので。テイル兄さんも僕もJ-POPが好きだし、日本的なバラードを歌いたいっていうのが最初からの狙いでもあるんです。だからBlock Bの強い曲とは違って、しっとりとした感性的な曲を歌うところが魅力なんじゃないかなと思います。

テイル:Block Bとは違ってそれぞれが歌うパートが多いのも魅力です(笑)。それにユグォンがギターを弾くのも、T2Uでしか観られないでしょう!

ユグォン:ほぼ6年ぶりくらいにギターを引っ張り出してはみたものの、やっぱり難しいですね。日本でデビューする時にみなさんの前で歌いたくて「桜色舞うころ」を披露したことがあるんですけど、ギターはそれ以来です。

テイル:僕もいつかはキーボードを弾いてみたいと思ってるんですよ。でもまだまだ練習が必要ですね。

――今年も5月にライブツアーを開催しましたが、どんなライブでしたか?

ユグォン:去年に引き続き今年もT2Uのライブができてうれしいですね。去年はソールドアウトではなかったんですが、今年はソールドアウトしました! それに去年は新曲もなくカバー曲だったりソロ曲をやるだけだったのが、今年はT2Uとしての曲が2曲もあるので、僕たちらしいライブになったと思います。

テイル:僕も同じ意見です!

ユグォン:次は兄さんからしゃべってよ(笑)。

――ライブハウスでのツアーなので、観客との距離も近かったのでは?

テイル:今まではわりと大きな会場だったせいか、バラードを歌っていても途中でコールをしてくれる方がいて、正直ちょっと集中が切れてしまうこともあったんですけど、ライブハウスは距離が近いせいかそういったこともなく、僕たちの歌を聴こうとしてくれるのが感じられてよかったです。それに僕たちからもみなさんの表情がよく見えるから、自分たちの曲を集中して聴いてくれてる様子が見て取れてうれしかったですね。歌詞の一言ひとことにより気を遣って歌えた気がします。

ユグォン:実際、僕たちはライブハウスで公演したことってそんなにないんですよね。だから、なんだかインディーズバンドになった気分で、学生時代にライブハウスに通っていた感じを思い出しました。それにファンのみんなとの距離も近いから、気持ちもより通じあえる気がします。その分、ちょっと怖さもありますけど(笑)。みんなの視線が感じられて、普段は間違えないようなところでも間違えちゃったりとかして。初日の公演はだいぶミスしてしまいました(苦笑)。

――この2人だけでいるからこそできる話はありますか?

ユグォン:他のメンバーの悪口とか?(爆笑)冗談ですよ! 僕たちは2人とも日本の文化や曲が好きなので、そういう話をたくさんします。

テイル:YouTubeで見つけたいい曲を紹介しあったりしますね。

ユグォン:小田和正さんや尾崎豊さんとか、今まで知らなかった歌手についても調べて好きになりましたね。歌詞がすごくきれいなんですよ。あと、最近のお気に入りはDa-iCEの「恋心」ですね。メロディが好きです。僕はJ-ROCKが好きで、L'Arc~en~CielとかB'zも大好き。

テイル:僕が最近好きな曲は、ドラマのOSTが多いですね。


――そもそもこの2人でユニットを組むことになったきっかけは?

ユグォン:テイル兄さんが1人で日本でファンミーティングをやることになって、僕もやりたかったけど1人では難しそうだったので、テイル兄さんを「一緒にやろう」って口説き落としました。「テイル兄さんは日本で人気があるし、日本語は僕ががんばるから、兄さんは歌だけ歌ってくれればいいから」って(笑)。でも、まさかここまで日本語がしゃべれないままだとは思いませんでした!

――見た目は正反対の2人ですが、ユニットを続けられる秘訣は?

ユグォン:去年、ライブが終わってテイル兄さんと飲んでる時に話したんですけど、テイル兄さんはダンスがそんなに得意じゃないし、僕は歌がそんなにうまくない。だから2人でやれることはなんだろうってたくさん考えました。それで、いまだに答は出てないんですけど(笑)。テイル兄さんはキーが高いんだけど、今回の「遅すぎるのに」も「Good Bye」も僕のキーに合わせてくれて、ありがたいですね。

テイル:実際、僕はあんまり正反対だとは思わないんですけどね。食べ物もそうですし、あまり意見が分かれることもないんです。二人とも食べるのが好きですし(笑)

――T2Uの活動について他のBlock Bのメンバーは何と言ってますか?

テイル:僕たちの知らないうちにメンバーがサプライズで応援メッセージを贈ってくれて、ギャグっぽくはあったけど気を遣ってくれてありがたいなと思いましたね。

ユグォン:ファンのメッセージにまじって突然「おならして」っていう変なメッセージが来たから、笑っちゃった(笑)。ジェヒョ兄さんなんかは冗談めかしてよく「僕もステージに出してよ」なんていう話をしますね。

テイル:いつかはサプライズで登場してもらおうかな。

ユグォン:そうしましょう!

――日本での活動も長くなりましたが、やりたいことは?

ユグォン:富士急ハイランドに行きたいです! テイル兄さんは行ったことがあるんですけど、僕はないので。いつも「富士急ハイランドは楽しかった!」って思い出話を聞かされるんで、早く行きたいです。でも、休みの日があっても起きるのが遅すぎて、行くタイミングがなかなかないんですよね……。

テイル:T2Uとしては少しずつ大きな会場でライブがやれるようになったらいいなと思ってます。僕がキーボードを、ユグォンがギターを弾きながらライブをやってみたら面白いんじゃないかと思っていて。

ユグォン:T2Uバンドを作ってみようかっていう話もしてるんですよ。でも今はまだ会場が小さいし、テイル兄さんもキーボードの練習をしなくちゃいけないので、実現するのはまだちょっと先の話ですね。

――T2Uがファンに期待することは?

テイル:僕たちの曲をこう聴いてほしいとか、ライブでこういうふうにしてほしいといったことはないですね。僕たちの曲を聴いてくれたり、ライブに来てくれるだけでありがたいです! ただ、僕たちもみなさんを楽しませようといろんなコーナーを考えて用意したりしてるので、楽しんでいってくれたらうれしいです。

ユグォン:僕はライブに来てくれるみなさんが楽しかったとばかり言うので、もうちょっと具体的な感想が知りたいです(笑)。僕たちT2Uはまだはじまったばかりだから、どんなところがよくて、どんなところはよくなかったとか、できれば詳細に教えてほしいんです。今後のライブの改善にもなるし、よりよいライブにしていきたいので。「楽しかった」とだけ言われると、本当に楽しかったのかな? って不安になるんですよね(笑)。詳しい感想をお願いします!

ライター:尹 秀姫 / 撮影:朝岡英輔

■イベント情報
「Block B 2018 SPECIAL EVENT」(仮)
日時:2018年8月1日(水)18:00 OPEN / 19:00 START
会場:Zepp DiverCity Tokyo
詳細:http://www.block-b.jp/news/index.html?news_id=1204&cat=&p=

■リリース情報
Block B日本オリジナル・ベストアルバム 「Block B THE BEST」
2018年6月20日発売

【初回限定盤】[2CD+DVD+Photo Book]
KICS-93721/2
¥6,944 (tax out)

[CD1]
1. NILLILI MAMBO -JP ver.-
2. Very Good -JP ver.-
3. HER -JP ver.-
4. Nice Day -JP ver.-
5. Jackpot -JP ver.-
6. Toy -JP ver.-
7. Be The Light -JP ver.-
8. My Zone -JP ver.-
9. Shall We Dance -JP ver.-
10.Yesterday -JP ver.-
11.Walkin' In The Rain -JP ver.-
12.Movie's Over -JP ver.-
13.Don't Leave -JP ver.- *NEW

[CD2]
1.品行ZERO -JP ver.- (BASTARZ by B-BOMB, U-KWON, P.O)
2.Charlie Chaplin -JP ver.- (BASTARZ by B-BOMB, U-KWON, P.O)
3.WINNER feat. ちゃんみな (U-KWON, P.O)
4.Lost & Found feat. KEITA (w-inds.) (TAEIL)
5.痛くない (U-KWON)
6.遅すぎるのに (T2U by TAEIL, U-KWON) *NEW
7.Good Bye (T2U by TAEIL, U-KWON) *NEW

[DVD] ※初回限定盤のみ封入(ライブ映像)
Block B 2018 BLOCKBUSTER "MONTAGE" IN JAPAN

【通常盤】[2CD]
KICS-3721/2
¥3,241 (tax out)
※CD収録内容は初回限定盤・通常盤ともに同内容となります。

公式サイト:http://www.block-b.jp/

記者 : Kstyle編集部