女優チュ・ジャヒョン、集中治療室で意識不明の報道は「誤報」…事務所がコメント“一般病棟で回復中”

OSEN |

女優チュ・ジャヒョンが出産後10日間も意識不明の状態だという報道に多くの人が衝撃を受けていた中、チュ・ジャヒョン側がこれに対して「明白な誤報」と明らかにした。

10日、韓国のあるメディアは、1日に男児を出産したチュ・ジャヒョンが所属事務所の発表とは違って今まで意識が戻っていないと報道した。チュ・ジャヒョンが酸素呼吸器をつけた状態で、集中治療室にいるとも主張した。

このような報道に心配の声が相次いだ。しかい、チュ・ジャヒョン側の関係者は同日午後、「(意識不明説は)明白な誤報」と該当の報道を真っ向から反論した。

所属事務所は「本日午後に出たチュ・ジャヒョンが10日間も意識不明という内容の記事は事実ではない」とし「チュ・ジャヒョンは現在、一般病棟へ移って回復中の状態にあり、知人たちとメッセージも交わしているなど、無事に健康を取り戻しつつある」とチュ・ジャヒョンの現在の状態について説明した。

「最初に入院した時には肺の具合が良くなかったため、集中治療室にいたのは事実だが、意識不明の状態ではなかったこと、現在、集中治療室ではなく一般病棟で回復中であることを改めて申し上げる」と強調した。

先立ってチュ・ジャヒョンの所属事務所は、4日、報道資料を通じて「チュ・ジャヒョンが先週金曜日(1日)の夜明けに出産後、金曜日の夜に痙攣症状を見せ、直ちに救命救急センターに搬送されて緊急治療を受けた。現在は回復中だ」とし、「赤ちゃんはとても健康な状態」と伝えたことがある。

チュ・ジャヒョンの夫ユー・シャオグァン(于暁光)も同日、自身のWeiboに「チュ・ジャヒョンが出産後、健康状態がよくなかったが、検査を受けて回復中」だとし、「赤ちゃんは現在元気だ」という書き込みを掲載した。

チュ・ジャヒョンは中国人俳優ユー・シャオグァンと2012年、中国ドラマ「麻辣女友的幸福時光」、2015年ドラマ「南橋机工英雄傳」の2度の作品で相次いでタッグを組みながら交流を深め、恋人関係へ発展した。さらに、昨年4月に結婚し、今月1日には男児を出産して、多くの人々の祝福を受けた。

女優チュ・ジャヒョン、出産後に急変…救命救急センターで治療を受ける「現在は回復中」

チュ・ジャヒョン&ユー・シャオグァン夫婦、本日(6/1)息子が誕生「母子共に健康」

写真=ユー・シャオグァン Weibo

記者 : チェ・ナヨン