キム・ヒョンジュン、日本6thシングル発売記念イベント開催…歌手活動に意欲“アルバム出したい”

OSEN |

写真=OSEN DB
キム・ヒョンジュンが誕生日を迎え、新曲を発表し、日本のファンに会った。

日本のメディア日刊スポーツは、6日「キム・ヒョンジュンが東京・江東区のスタジオ・コーストで、誕生日を迎え発表した新曲『Take my hand』を記念するイベントを行った」と報道した。

キム・ヒョンジュンは今回の新曲の作詞、作曲やプロデュースを担当した。彼は新曲について「恵まれない人や困っている人でも希望を持って欲しい。差し出された手は必ずつかんで欲しいというメッセージを込めた」と明かした。特に、今回の新曲にはキム・ヒョンジュンの甥の声も盛り込まれており、話題を集めた。

キム・ヒョンジュンは「これから1年間、2枚のアルバムを出したい」とし、歌手活動に専念するという意志を明らかにした。今年の秋には全国ホールツアーも行う計画だ。

キム・ヒョンジュンは昨年12月、ソウルを皮切りに、日本、タイ、香港などで6ヶ月間、7ヶ国8都市で12回に渡って「キム・ヒョンジュン2018ワールドツアー」を開催し、除隊後、本格的な活動のスタートを告げた。

キム・ヒョンジュンは毎回平均4千人余りの観客と特別な時間を過ごし、幸せな思い出を作った。

記者 : ソン・ミギョン