放送開始「君も人間か」ソ・ガンジュン、そっくりの自分と対面!?

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=KBS 2TV「君も人間か」放送画面キャプチャー
人間ナムシン(ソ・ガンジュン)が、ロボットナムシンIII(ソ・ガンジュン)の前で交通事故に遭った。

4日午後、韓国で初放送されたKBS 2TV新月火ドラマ「君も人間か」第1話では、PKグループの会長ナム・ゴンホ(パク・ヨンギュ)の孫を生んだが、嫁であることを認められなかった天才科学者オ・ロラ(キム・ソンリョン)、彼女は夫の疑わしい死と共に、幼い息子ナムシンをPKグループに奪われてしまった。やっと会ったナムシンは、ナム・ゴンホから母親を守るためにオ・ロラを無視した。

痛みを抱いてチェコに行ったオ・ロラは、息子のルックスを真似てロボットナムシンIIIを誕生させた。そしてオ・ロラは韓国にいる息子の成長に合わせて、ロボットの姿も息子の姿に合わせて変化させた。長期間の研究で、成長したナムシン(ソ・ガンジュン)と同じルックスを持っているロボットナムシンIII (ソ・ガンジュン)が誕生した。

問題を起こす財閥3世として生きているナムシン。グループの跡継ぎになる考えがない彼は、ドッキリカメラを撮る警護員カン・ソボン(コン・スンヨン)を人々の前で殴る、史上最悪の事故を起こし、海外に行ってしまった。

会長ナム・ゴンホは憤怒し、会長の席を虎視眈眈と狙っていた総括取締役ソ・ジョンギル(ユ・オソン)は会心の笑みを浮かべた。

一方チェコでオ・ロラは、ロボットナムシンIIIと一緒に市場に行った。そしてナムシンもチェコに着いた。同じ場所に現れたナムシンとナムシンIII、そこでナムシンIIIは自身と同じ顔をしているナムシンに会った。お互いを発見して驚いた二人、その瞬間、ナムシンは交通事故に遭ってしまった。

「君も人間か」は、欲望にまみれた人間世界に飛び込んだ人工知能ロボットナムシンIIIが、誰よりも人間的な女カン・ソボンに会って真実の愛と人間らしさに対する答えを探していく人工知能ヒューマンロマンスドラマだ。

記者 : イ・スンギル