【REPORT】カバーステージから激レアコラボまで…「Power of K in Japan 2018」豪華9組のパフォーマンスに熱狂

KSTYLE |

dtvチャンネルのKchan! 韓流TVにて、毎週ソウルから生放送されている人気K-POP番組「Power of K」。その初の日本公開生配信イベント「Power of K in Japan 2018」が、6月2日、東京・国際フォーラム ホールAにて開催された。イベントにはホ・ヨンセン、キム・キュジョン、Funky Galaxy from 超新星、VIXX ラビ、KARAM、Golden Child、MAP6、JG(JOONHO&GYUMIN)、7 O’CLOCKの9組が出演し、華やかなステージを繰り広げた。


オープニングから3組が怒涛の盛り上げ

19時、スクリーンに出演者の紹介VTRが流れ、生配信イベントがスタート。オープニングアクトを担当したのはボーイズグループ7 O’CLOCK。事情により不参加となったVaanを除く5人で出てくると、大ヒットドラマ「花より男子~Boys Over Flowers」のオープニング曲「パラダイス」で、イベントの幕を開けた。2曲目の「時計の針(ECHO)」では、気合いの入ったダンスを披露。昼の部で足をくじいてしまい、椅子に座って歌うことになったヨンフンも、美しいファルセットで観客を魅了していた。

7 O’CLOCKのステージで温まった会場に、今イベントでMCをつとめるJGとKNTV・DATVアナウンサーの宮本優香がステージに登場。今回、MCに初挑戦となるJGは、ちょっぴり緊張気味の面持ち。それでも、7 O’CLOCKヘインタビューする場面では「最近覚えた日本語は?」という質問に「飲み放題」と答えたヨンフンに、「どこのお店に行ってんねん!」と鋭いツッコミを入れるなど、アドリブ全開で奮闘した。

続くステージは、デビュー2年目のMAP6。まずは、6月13日に日本でリリースされる日本メジャーデビューアルバムの収録曲「FOLLOW ME」を、力強くセクシーなパフォーマンスで披露。トークでは「皆さんの太陽になりたいSUNです」「いけてる、めんたい(明太子)唇SIGNです」と個性的な自己紹介で、つかみはOK! 様々なカラーのダンスが混ざった「魅力発散TIME」では、タイトル通り、キュートでカッコいい魅力をアピールした。

暗転したステージに「カラム~!」と歓声が響く中、静かに登場したKARAM。6月6日に発売されるソロシングルのカップリング曲「I'm sorry」を、ハートフルな声で、感情豊かに歌い上げた。1曲が終わりると、突然スイッチが変わったように「はい! みなさん、こんばんは! KARAMです。よろしくお願いします~」と、なめらかな日本語で挨拶。「今日が楽しみで昨日は眠れませんでした。夢のようです」と、イベントへ参加した喜びを語った。次の曲の準備のために、スタッフがワイヤレスマイクと手持ちマイクを交換しようとすると、「マイク取られちゃうの?」と寂しそうな声。「オツカラム!」と言って、舞台袖に戻っていくスタッフを送ると、会場のあちこちから「かわいい!」の声が漏れた。そしてダンサーとともに、新曲「Rise up」をかっこよく決め、ステージを終えた。


ルーキーアイドル2組がけん玉対決!観客に最高のプレゼント

ここでMCと7 O’CLOCK、MAP6が再びステージに合流。KARAMの見守る中、ルーキーアイドル2組による“PKゲーム”。制限時間30秒の中でけん玉を何回成功できるのかを競うリレー形式のゲーム。先行のMAP6は、ファンがカウントダウンする中、次々に玉を乗せていき、驚異の18回成功! J.JUNは「楽屋で練習した甲斐があった」と満足そうな顔を浮かべた。後攻の7 O’CLOCKは、みんなちょっぴり自信なさげ。それでも13回成功させ、大健闘した。

KARAMを合わせた3組のサイン入りけん玉を、会場にいる観客の中から抽選で1名ずつにプレゼントすることに。7 O’CLOCK、MAP6の当選者が会場の右側エリアと中央エリアから出たことに気づいたJOONHOは、“仲良し”KARAMに「次はこっちやで!」(なぜか関西弁)と左側を指す。KARAMも「当たり前じゃん!」と言って、抽選箱から半券を取り出すと……なんと、本当に左側エリアから当選者が! そんなミラクルに、KARAMもJOONHOも大興奮で力強くハグ!“持ってるスター”であるところを証明したKARAMだった。


先輩INFINITEの「Be Mine」を10人で披露

ゲームコーナーが終わり、再びパフォーマンスタイムへ。スクリーンに、Golden Childのメンバー紹介VTRが流れる。メンバーひとりひとりの顔が映し出されるたびに、会場には黄色い声が飛び交っていた。そんな中、デビュー曲「ダムダディ」のイントロとともに、10人が颯爽とステージに登場! 溌剌として元気いっぱいのパフォーマンスで、観客を釘付けにする。

事務所の先輩INFINITEの最大のヒット曲「Be Mine」の日本語バージョンでは、“シンクロ率99.9%”のダンスで有名なINFINITEに負けず劣らずの、キレキレなカル群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス)を披露。観客も「ネッコハジャ!」と大合唱し、10人を後押しした。「It's U」では、ファンたちによる一体感ある掛け声も。キラキラ感あふれるステージに、自然と観客たちの表情も笑顔に。観客の心をがっしりと掴んだようだった。

続いて登場したのは、この日のMCとしても大活躍のJG。“アンダーグラフ”のカバー曲「ツバサ」、初のオリジナルバラード「My only flower」を披露し、アーティストとしての存在感をアピールした。そして、イベントも後半戦へ突入。K-POPブームの先駆けであり、現在も一線で活躍するアーティストたちが続く。


ラッパーとして圧倒的なパフォーマンスで魅了するVIXX ラビ

まずステージを飾ったのは、VIXXのラッパー ラビ。男女4人のダンサーを引き連れて、力強くて安定感のあるラップナンバーを次々と展開。そのたたずまいと、パフォーマンスのカリスマ性は圧倒的だ。「Ravi Da Loca」では、会場がまるでクラブのフロアのような雰囲気に化した。男くさいパフォーマンスとは一転、MCタイムには、たどたどしくも必死に日本語をしゃべろうとするラビに好感度アップ!「すき焼きが好きな25歳です。昨日は“もと村”の牛かつを食べました。お好み焼きとそばも食べました。ドン・キホーテとコンビニも行きました」と話し、会場の笑いを誘った。

2ndミックステープアルバムの収録曲「NIRVANA」では、ジャケットを脱いで、Tシャツ姿で高速ラップを披露。鍛え上げられた三角筋は、最高にセクシー!「Do the Dance」では、ペットボトルの水を頭からかぶり、残りを観客に向けて撒くオラオラパフォーマンス。情熱的なラビワールドに、観客も総立ちで盛り上がっていた。


超新星のライブの人気曲をメドレーで披露!

Funky Galaxy from 超新星は、2015年発売の1stアルバムから「Second Chance」「Funky☆Star」「ジーザス」、超新星ライブの人気曲をメドレーバージョンにした「Saturday LUV~FEEL IT-medley mix」を披露。「エブリバーディ、飛べ!」とファンをあおったり、観客に話しかけたり、観客たちを巻き込むステージング力は、さすがだ。

トーク中には“懺悔”も。「FEEL IT」は間奏部分で「say ユナク~say ゴニル~」と、ゴニルがメンバー全員の名前をファンに言わせるのが定番なのだが、昼の公演ではソンモの名前を出すのを忘れてしまったとか。「ラインしました。そうしたら“こら”って(笑)」とゴニル。「夜の公演では最初に言おうと思ったけど、ユナクに怒られるからやめた」と話し、観客の笑いを誘った。

ラビとFunky Galaxy from 超新星のプレゼント当選者発表を兼ねたQ&Aコーナーを経て、イベントもいよいよ大詰めに。


ホ・ヨンセン&キム・キュジョンの嬉しいコラボも!

会場が今か今かと待ち望む中、キム・キュジョンが登場。11年発売のソロ曲「Yesterday」、エレクトロなクールサウンド「Wuss Up」とダンス曲を披露した。「18~19歳でデビューして、今32歳です。大丈夫です! 大丈夫ですけど……。チョ~っとだけ休んでいいですか?」と話し、しばしクールダウン。爽やかナンバー「Summer Love」を楽しそうに歌い上げた。

大トリを務めたのはホ・ヨンセン。妖艶でアンニュイな大人の雰囲気ぷんぷんの「地球が滅亡しても」を熱唱。自慢のファルセットも健在だ。ギターの音色が優しい「Fly away」、ソロデビュー曲「Let it go」と、3曲3色の全く違う曲調の歌をセレクトするのも、ベテランらしい。

そして、ここで嬉しいコラボレーションステージが! キム・キュジョンが再びステージに現れ、二人で韓国版「花より男子~Boys Over Flowers」の挿入歌「僕の頭が悪くて」を歌ったのだ。間奏ではキム・キュジョンがバイオリン、ホ・ヨンセンがピアノの音色に合わせて当て振りを演じて“遊ぶ”一幕も。曲が終わると固い握手をする二人の姿に、デビューから13年経っても変わらない絆を感じた。

全てのアーティストの公演が終わり、イベントもクライマックスへ。出演者全員でステージに上がり、それぞれサイン入りボールを観客席に投げ入れた。

次世代のK-POP界を担うルーキーアイドルから、元祖K-POPアイドルまで、幅広いアーティストが集結した今回のイベント。K-POPの層の厚さを再確認するとともに、未来が楽しみになるような、有意義な2時間半だった。

【PHOTO】ホ・ヨンセン&キム・キュジョン&Funky Galaxy from 超新星ら「Power of K in Japan 2018」フォトセッションに登場

■放送情報
Power of K in Japan 2018
Kchan!韓流TV「Power of K in Japan 2018~LIVE」
7月1日(月)21:30~ ※夜公演
KNTV「Power of K in Japan 2018」
6月25日(月)17:30~20:00 ※昼公演
DATV「Power of K in Japan 2018」
7月21日(土)19:00~21:30 ※昼公演

Kchan!韓流TVでは毎月第1月曜に「Power of K LIVE」を韓国より生中継!
次回は7月2日(月)20:00より放送いたします

■関連サイト
公式サイト:https://knda.tv/special/powerofk2018/

記者 : Kstyle編集部