チョ・ジヌン&リュ・ジュンヨルら出演映画「毒戦」日本など55ヶ国・地域に販売

YONHAP |

写真=NEW
韓国映画「毒戦」(以下原題、イ・ヘヨン監督)が、先ごろ閉幕した第71回カンヌ国際映画祭と併催されたフィルムマーケットで、日本、台湾、シンガポールなど55ヶ国・地域に販売された。配給会社のNEWが23日、伝えた。

「毒戦」のほか、日本での法廷闘争の実話を基にした「ハー・ストーリー」(ミン・ギュドン監督)、高句麗の安市城に攻め入る唐の50万の大軍に抵抗して戦った城主、楊万春(ヤン・マンチュン)と高句麗軍の88日間に及ぶ戦闘を描いた「安市城」(キム・グァンシク監督)、朝鮮王朝時代を舞台に、夜にだけ動き回る鬼がはびこるのを防ぎ国を救おうとするイ・チョンの死闘を描いた「猖獗」(キム・ソンフン監督)もバイヤーの高い関心を集めた。

また、殺人事件を目撃した平凡な男と犯人が繰り広げる追撃戦を描いた「目撃者」(チョ・ギュジャン監督)は、さまざまな国からリメイク版製作の提案が殺到したという。

記者 : 聯合ニュース