俳優ユン・テヨン、飲酒運転事故を起こし出頭…新ドラマ降板・活動自粛へ

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
約2年ぶりのドラマ復帰、そのチャンスを蹴っ飛ばしたのは他でもなく俳優ユン・テヨン本人だ。

昨日(20日)、ユン・テヨンがお酒を飲んで交通事故を起こしたというニュースが伝えられた。ユン・テヨンは13日、飲酒運転をして他の車にぶつかる事故を起こした。事故から6時間後である14日午前2時ごろ、警察署に出頭して調査を受けたユン・テヨンの血中アルコール濃度は、時間が経った後も免許停止の水準だった。

所属事務所のGalary 9は「ユン・テヨンは今回のことに対して深く反省し、自粛の時間を過ごしている。物議を起こして失望を与えたことに、深い謝罪の意を伝えた」と立場を明かした。

ユン・テヨンは、tvN事前制作ドラマ「100日の朗君様」を通じて俳優復帰を控えていた。しかし、制作陣は事件発生から一週間が経った後に、ユン・テヨンの降板を決めたと知らせた。ユン・テヨンの配役には他の俳優を探している。

さらに、ユン・テヨンは本日(21日)から韓国で放送される「ミス・ハンムラビ」にも出演すると知られていた。既に撮影をすべて終えているが、制作陣は今回の事件を受け、ユン・テヨン出演シーンを全てカットすることを決めた。こちらも現在、代役俳優を探している。

ユン・テヨンは、1996年SBS「美しい彼女」で芸能界に入門した。デビュー当時、三星(サムスン)電子ユン・ジョンヨン元副会長の息子として話題を集めた。ユン・テヨンは“金持ちの息子”という偏見を破って、ドラマ「ワンチョ」で物乞いの“素足”役で認められた。2007年には、作品を通じて出会った女優イム・ユジンと結婚式を挙げた。その後事業者に転身し、テレビにはあまり出演しなくなった。

事業が上手くいき、演技はやめたのかと思えたユン・テヨン。彼が久々にドラマ復帰するというニュースは人々を驚かし、また喜ばせた。本人にとっても、ときめく復帰であったはず。しかし飲酒運転事故で物議を起こしたユン・テヨンは、自粛の時間を過ごすことになった。ユン・テヨンの次の復帰は壮語できなくなった。

記者 : イ・ウイン