防弾少年団「新曲の主人公はジン…一番重要なパートを担当」

OSEN |

写真=「V LIVE」放送画面キャプチャー
防弾少年団が新曲「FAKE LOVE」の主人公にジンを選んだ。

防弾少年団は18日午後、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」のカムバックプレビューショー「防弾ニュースin LA」を進行した。

司会を務めた防弾少年団のRMは「夜12時、アメリカ・LAで防弾ニュースをお伝えする。こんなに遅い時間に配信するのは、本日防弾少年団のニューアルバムが公開されるためだ。新曲のステージはなんと『ビルボード・ミュージック・アワード』で公開される予定だ」とし、カムバックを知らせた。

特に新曲「FAKE LOVE」では、ジンが主人公だというのがメンバーたちの説明だ。防弾少年団は「今回のカムバックはジンが本当の主人公だ。一番重要なパートを担当した」と明らかにした。

ジミンは「本当にすごい。期待していただいて良いと思う」とし、ジンの活躍を予告した。

記者 : チャン・ジンリ