放送終了「スイッチ-世界を変えろ」詐欺師と検事…2人のチャン・グンソクの歩む道とは?

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「スイッチ-世界を変えろ」放送画面キャプチャー
ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」が幕を閉じた。二人のチャン・グンソクは異なる場所で同じ道を歩くことになった。

韓国で17日に放送されたSBS「スイッチ-世界を変えろ」最終話では、ドチャン(チャン・グンソク)とジュンス(チャン・グンソク)の最後のストーリーが描かれた。

テウン(チョン・ウンイン)に対する最終公判が行われた中、彼は息子のソンドゥ(クォン・ファウン)を利用して危機を免れようとした。ソンドゥもキム室長(ソン・ウォンソク)に疑いを集中させながらテウンの注文を忠実に移行した。

しかしジュンスが直接尋問に立ち、状況が変わった。麻薬を取引するテウンの動画が公開されたことに続き、ソンドゥの真実告白まで加わった。

どうして嘘を言ったかという判事の質問にソンドゥは、ここにいる誰かに誘われたと言いながらそれとなくテウンの罪を追加した。

結局テウンのすべての罪は有罪となり、死刑を言い渡された。テウンは「死刑? 僕が死刑だと? ありえない!」と騒いだ。

その中でも彼はジュンスとドチャンに向かって「君たちが恐れもなくこのヒグマに触れるか? 僕が君たちを死刑台まで連れて行ってやる!」と叫んだ。

裁判が終わった後、ドチャンは「僕はやることを済ませたからもう自分の道を進まなきゃ」とさっぱりと踵を返した。ハラ(ハン・イェリ)がプレゼントだと言いながら渡したのは彼の家族写真だった。ドチャンは「大きな詐欺には大きなセッティングが必要だ。堪えられるか?」と笑った。

さらにドチャンはボン監督をはじめとした詐欺チームの解散も叫んだが、彼らはすぐに集まった。そのターゲットは悪人だった。

ジュンスも検事として不正腐敗を撲滅するために奮闘した。そのうち一人がドチャンのターゲットだった悪人だ。ジュンスもハラもドチャンが残した証拠を見て笑った。「スイッチ」が幸せな結末を迎えた。

記者 : イ・ヘミ