防弾少年団、アメリカの人気番組「エレンの部屋」の収録を終了…ファンに挨拶する姿がネット上で話題に

MYDAILY |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が約6ヶ月ぶりに、アメリカの有名トークショー「エレンの部屋(The Ellen Degeneres Show)」に再出演した。

所属事務所であるBig Hitエンターテインメントは18日、マイデイリーに「防弾少年団が『エレンの部屋』の収録を終え、現地時間で25日に放送される」と伝えた。

オンラインコミュニティには番組収録後、メンバーたちが現地のファンに手を振ったり、手でハートを作って挨拶する動画が広まり、話題を集めている。

防弾少年団は18日の午後6時、3rdフルアルバム「LOVE YOURSELF 轉 “Tear”」の全曲を各種音楽配信サイトを通じて公開する。

また新曲を20日(現地時間)、米・ラスベガスで開催される「2018 ビルボード・ミュージック・アワード」で全世界で最初に公開する。

昨年「ビルボード・ミュージック・アワード」でトップ・ソーシャル・アーティスト賞(Top Social Artist)を受賞した防弾少年団は、今年も同部門にノミネートされた。これと共に「エレンの部屋」にも再出演するなど、世界的な人気を証明している。

写真=オンラインコミュニティ

記者 : パク・ユンジン