リュ・ジュンヨル「毒戦」で共演した故キム・ジュヒョクさんに言及“とても温かい方”

TVREPORT |

写真=NEW
俳優リュ・ジュンヨルが、故キム・ジュヒョクさんを温かい人として記憶していると伝えた。

最近ソウル鍾路(チョンノ)区八判洞(パルパンドン)のあるカフェで映画「毒戦」(監督:イ・へヨン)で捨てられた麻薬組織の組員ラック役を務めたリュ・ジュンヨルのインタビューが行われた。

「毒戦」は故キム・ジュヒョクさんの遺作として注目を浴びた。リュ・ジュンヨルはキム・ジュヒョクさんとの共演に対して「ありふれたとも言えるようなキャラクターを先輩がどう演技するかについてたくさん期待していた。設定や扮装について意見をたくさん提示したと聞いた。最初のセリフを聞いた時、こんな風にするんだと思い、次のセリフはまたどのようにするんだろうと緊張感があった」と話した。

リュ・ジュンヨルはキム・ジュヒョクさんに対して「もともと口数の少ない先輩だし、作品でもあまり長くお会いしてはいないが、温かい方だと記憶している。撮影でない時も『休みの日には何をしますか』と聞いたりすると優しく答えてくれて、とても温かい方だと思った」と伝えた。

リュ・ジュンヨルは「毒戦」出演陣との共演について「普通はどんな風に描かれるか予想できるが、『毒戦』は誰も思い通りの演技をしていなかった。僕はまだまだなと悟った」と伝えた。

またリュ・ジュンヨルはパク・へジュンに対しては「パク・へジュン先輩の前作を見てこのような映画に出演するんだと思った。ヘアスタイルをツーブロックに変え、狂ってしまう演技を見て幅が広いと感じた」と話し、チン・ソヨンの演技は不思議だったと絶賛した。

「毒戦」はアジアを支配する幽霊麻薬組織の実体をめぐって繰り広げられる、強者たちの戦争を描いた犯罪劇だ。

記者 : ソン・ヒョジョン