“強制わいせつで立件”イ・ソウォンとは?…「むやみに切なく」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」など多数出演

TVREPORT |

写真=Blossomエンターテインメント
俳優イ・ソウォンが同僚の女性芸能人への強制わいせつ行為の疑いが知られ、議論の中心に立った。

1997年生まれのイ・ソウォンは2015年、JTBC「錐-明日への光-」でデビューしたBLOSSOMエンターテインメント所属の俳優だ。BLOSSOMエンターテインメントのチャ・テヒョン、ソン・ジュンギ、パク・ボゴムと同じ所属事務所ということでも注目を集めた。

その後、イ・ソウォンはKBS 2TV「むやみに切なく」とtvN「カノジョは嘘を愛しすぎてる」、MBC「病院船」などに出演し、地位を固めた。KBS 2TV「ミュージックバンク」のMCとしても活躍した。

イ・ソウォンは韓国で21日から放送予定のtvN新月火ドラマ「止めたい時間:アバウトタイム」(脚本:チュ・ヘミ、演出:キム・ヒョンシク)で、ミュージカルの演出家チョ・ジェユ役にキャスティングされた。しかし、セクハラの疑いが知られ、今月16日に降板した。

イ・ソウォンは同僚の女性芸能人Aさんにセクハラし、凶器を使って脅迫した疑い(強制わいせつおよび特殊脅迫)で立件された。

記者 : パク・グィイム