ASTRO チャ・ウヌ、顔面けいれんの経験を告白…「ラジオスター」で多彩なトーク&特技を披露

OSEN |

写真=MBC「ラジオスター」
優れたビジュアルで“顔天才”と呼ばれるASTRO チャ・ウヌが「ラジオスター」を通じて顔面けいれんや麻痺の経験を告白する。また麻痺を治す秘訣も公開する予定だ。

本日(16日)夜に韓国で放送されるトークショーMBC「ラジオスター」(企画:キム・グサン、演出:ハン・ヨンロン)は、イ・ゲイン&コ・ドゥシム&Fly To The Sky ブライアン&チャ・ウヌが出演する「シムを見た」特集が公開される。一途な想いを意味するハンシム(1つの心、情けないという意味もある)としてはイ・ゲイン、名前がドゥシムであるコ・ドゥシム、細心(セシム、気が小さい)の男としてブライアン、私心(サシム)を呼び起こす男としてチャ・ウヌが出演し、トークを披露する。

チャ・ウヌはデビュー3年目のアイドルグループASTROのメンバーで、「ラジオスター」に初出演する。彼は国民の私心を呼び起こすルックスだけではなく、脳セクドル(脳がセクシーなアイドル)として人気を得ている。

チャ・ウヌは今回の放送で、忙しいスケジュールをこなしている中、顔に麻痺症状が起きた状況を告白し、スタジオの人々を驚かせた。彼はこのような状況を免れるために、自身だけの特別な行動で顔面麻痺を治すとし、それを実演して見せて人々を笑わせたという。

特に、チャ・ウヌは番組のために4人のMCをはじめとするゲストについて事前に研究をするなど、徹底的に準備する姿を見せたが、彼の膨大で充実した調査内容にコ・ドゥシムが笑顔を見せながら驚きを隠せなかったという。

またMCのキム・グラはチャ・ウヌの包み隠さない暴露によって窮地に追い込まれ、席を立つ事態が起きたということで、好奇心をくすぐっている。

2人はMBC探査バラエティ番組「線を越えるやつら」で、一緒にフランスとドイツを旅行した。チャ・ウヌは旅行中に近くで見てきたキム・グラに関するエピソードを暴露し、思いがけない暴露に対してキム・グラは「この子は危険だな」と話して笑ったという。

また、チャ・ウヌはさまざまな特技を披露する予定だ。彼はモノマネだけではなく、サッカーをする様子を見せてスタジオを縦横無尽に駆けまわったということで、期待を高めている。

チャ・ウヌの暴露やスタジオを駆けまわるシュートシーンなどは、韓国で本日(16日)夜11時10分に放送される「ラジオスター」を通じて確認することができる。

記者 : チ・ミンギョン