シン・ヘソン&ヤン・セジョン、新ドラマ「三十ですが十七です」の主演にキャスティング

TVREPORT |

写真=YNKエンターテインメント、Good People
俳優シン・ヘソンとヤン・セジョンが「三十ですが十七です」の出演を確定した。

16日、SBS新ドラマ 「三十ですが十七です」側は「シン・ヘソンとヤン・セジョンを『三十ですが十七です』の主演にキャスティングした」と明かした。

「三十ですが十七です」(脚本:チョ・ソンヒ、演出:チョ・スウォン)は、17歳で昏睡状態に陥り、20代をスキップして30歳に目を覚ました”メンタルとフィジカル不調和女”と世界を遮断して生きてきた“スパム男”が繰り広げるコミカルでハツラツとしたヒーリングラブストーリー。ドラマ「君の声が聞こえる」を演出したチョ・スウォン監督と「彼女は綺麗だった」を執筆したチョ・ソンヒ脚本家が意気投合し力を合わせた。

シン・ヘソンは、17歳の時に事故で昏睡状態に陥り、13年間をスキップした30歳の“メンタルとフィジカル不調和女”ウ・ソリ役を演じる。ウ・ソリは30歳のルックスと精神年齢17歳の間でスペクタクルな成長を経験する人物だ。一方、ヤン・セジョンはいつでも世界を遮断する準備ができている”スパム男“コン・ウジン役を務める。コン・ウジンは17歳だった13年前に経験したトラウマによって、他人と関わることを嫌う人になってしまった舞台デザイナー役を務める。シン・ヘソンとヤン・セジョンはこのように、それぞれの理由で17歳の時に止まってしまった“30歳男女”としてコミカルかつハツラツなケミストリー(相手との相性)を見せる予定だ。

「三十ですが十七です」側は、「チョ・スウォン監督とチョ・ソンヒ作家といった信頼できる制作陣に続き、シン・ヘソン、ヤン・セジョンという最近最もホットな俳優が合流し、良い相乗効果を発揮できると思います。視聴者の皆さんに『ラブコメのドリームチーム』と認められるように面白く、愛らしいドラマを作ります。たくさんの期待と関心をお願いします」と伝えた。

「三十ですが十七です」は「油っぽいメロ」の後番組として7月に韓国で放送される予定だ。

記者 : パク・グィイム