「油っぽいメロ」チョン・リョウォン、チャン・ヒョクに気に入られ中華料理屋の社長になる

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=SBS「油っぽいメロ」画面キャプッチャー
「油っぽいメロ」チョン・リョウォンがチャン・ヒョクのおかげで社長になった。

韓国で15日に放送されたSBS月火ドラマ「油っぽいメロ」では、中華料理屋に就職するために努力するタン・セウ(チョン・リョウォン)の姿が描かれた。

この日、タン・セウへの片思いを確信したドゥ・チルソン(チャン・ヒョク)はタン・セウを雇うことにした。しかしソ・プン(2PM ジュノ)が反対した。ソ・プンは「どうして僕があなたを雇わなければならないのか」と怒った。

するとドゥ・チルソンはタン・セウに「社長になりなさい」と言った。そしてソ・プンに「これからはあなたより役職が高い」と言い、ソ・プンを怒らせた。

記者 : キム・カヨン