【REPORT】WINNER、ファン、スタッフの愛が実った武道館公演!サプライズのリレーに感動の涙が止まらない

KSTYLE |

WINNERが日本で4回目となるツアー「WINNER JAPAN TOUR 2018 ~We'll always be young~」を開催。全7都市で11公演を行い、4月28日、東京・日本武道館でファイナルを迎えた。体制になって初となった注目のツアーのファイナルをレポート!


ラブリーチューンから絶品過ぎるBIGBANGのカバー曲まで

ブルーに輝く星空をイメージした巨大な菱形モニターをバックに、颯爽と登場した4人。「What's up Tokyo!」と高らかに挨拶をした後は、軽やかな爽やかさが会場いっぱいに広がる「LOVE ME LOVE ME」で幕開け。サビでは全員が腰をスウィングさせながら指ハートをプレゼントし、スンフンのラップパートでは、スンフンとスンユンがスモールの、ミノとジヌがビックなハートマークを演じ、大小二つのハートに、会場は初っ端からラブリー・モード。小悪魔っぽい女の子に振り回される男子の気持ちをコミカルに歌う「DON'T FLIRT」では、投げキッスも演じ、お茶目なヒップダンスにフロアは大盛り上がり。続く「LOVE IS A LIE」では、メンバーの「ウソでしょ」という歌に合わせて、ファンはいつも以上に力強く「しょ!」と声を合わせてヒートアップし、熱気高まる館内で、メンバーは腕を組んだり、ヒップホップ・マナーで挨拶をしたり。ラストは二人一組になってのフィンガー・ハートをダブルでキメ、武道館は最高にあったかな空気に包まれた。

最初のMCではこの日への想いを伝えたメンバーたち。スンユンは「今日も一日、宜しく~!」と話し、ジヌは「一生忘れられないほど、楽しく遊びましょう」と、ミノは「一番若くて美しい瞬間になるよう頑張ります」とコメント。スンフンはVサインで「アンニョン」と挨拶した後に、“武道館”をテーマにあいうえお作文。「“武”道館に来て、(胸に手を当てながら)“ド”キドキする僕の気持ち。皆さんも“感”じられるんですよね」とお題をクリアすると、スンユンは「さすが!」と絶賛。続けてスンユンは「新曲を出してから、初めてのツアーなので、たくさん準備しました。今までで一番気合いを入れましたので、期待して下さいね」とファンの期待を高め、「ちょっと緊張してるけど」と続けると、ミノが「頑張ってね」と優しいエールを送った。

そんなMCを挟んだ後は、早くもサプライズをプレゼントし、ファンを驚かす。スンユンが「知っている方は全員、皆で(歌ってね)」と話して披露したのは、大先輩、BIGBANGの大ヒット曲をカバーした「Haru Haru(WINNER Ver.)」。昨年12月25日の「SBS歌謡大祭典」で披露し、大きな話題を集めた曲(ショート・バージョン)を、彼らは日本語でのフルバージョンでパフォーマンスしたのだ。オリジナルはG-DRAGONとT.O.Pの2MCからスタートするが、ここではボーカル担当の二人からと、意表を突く滑り出しで魅せたのもサプライズ・ポイント。ラップパートは独自のリリック&オリジナル・フローで演じ、WINNERのオリジナル・ソングと言ってもいいほどの出来栄えに。スンユンがマイクをフロアに向ければ、フロアからは大合唱が起き、終盤では彼が鮮やかなターンをキメて大きな見せ場を作り、歌い終えたジヌは「カバー出来て、光栄です」と話した。

そんなスペシャルステージの後は、「ツアーに向け特別に準備した」と明かす新曲を2連発。雨降る日に失恋の痛みと向き合う「RAINING」、天国に旅立った大切な友に贈る「HAVE A GOOD DAY」という二つのエモーショナル・チューンにファンはじっくりと聞き入り、後者ではメンバーが左右に手を揺らし、それに合わせ、ファンの手も大きく揺れた。

続くのはスンユン&ミノによるコラボ・チューンだが、二人が衣装チェンジのため舞台を後にすると、ジヌとスンフンがトークでファンを沸かせていく。
「RAINING」にかけて、ジヌが「スンフン君が雨男」と話せば、スンフンは「熱さと汗でびしょ濡れにさせる雨男になりま~す」とイカした台詞を放ち、スンフンのリクエストでジヌが一発芸を披露。彼は頬を膨らませて鳥の鳴き声を演じ、対抗するようにスンフンもダンスを生披露。サングラスを外してマジ・モードにギア・チェンジし、ジャケットを脱いでタンクトップ姿になれば、鍛え上げた腕が露わになり、フロアからどよめきが起こる。そしてJ. Cole.の最新アルバムの表題曲「KOD」に合わせてクール&ホットなダンスを演じた後は、「この熱い雰囲気のまま、次のステージに行きましょうか? Let's Go!」と話して、スンユン&ミノにバトンタッチ。二人はスンユン出演のドラマ「賢い監房生活」の挿入歌「THE DOOR」を歌い、ジャズ、エレクトロニカ、ヒップホップが融合したステージにはクールネスが充満していた。


エモーショナルなステージではメンバーの歌唱力がキラリ

コラボステージでアクセントを加えた後は、エモーショナルなコーナーへ。「DIFFERENT」ではスンユンが「皆!」と声を上げると、ファンも声を揃えたり、ペンライトを強く揺らしたり。そして最後は彼が全身を使って歌うように熱くパフォーマンスし、続く「FOOL」でも、スンユンのボーカル・ワークがキラリ。彼は膝をつきながら歌った後に、ターンをキめてからの熱唱で見せ場を作った。

そして「COLOR RING」ではド・アップなメンバーの表情をスペシャル・サービス。まずはスンユンのギター・プレイに合わせて4人が歌い繋ぎ、シンプルな演奏がそれぞれの歌唱力の高さを際立たせる。そして一巡した後はいよいよ、メンバーが個別のカメラに近寄り、ファンはメンバーのすぐそばにいるかのような感覚に。スンフンは「愛してる」との台詞を添えてカメラ越しにファンにキスを贈り、ミノは指ハートをフロアへプレゼント。ジヌはVサインを演じた後に、目をつぶったウットリした表情でファンをクラクラさせ、スンユンは力強い熱唱からの右目ウィンクと、個性豊かな表現にファンの胸が騒ぐ。
続く「EMPTY」にも切なさが光るが、ソファーに腰掛けたメンバーはお揃いの足のダンスで沸かせ、フロアは韻を踏んだ掛け声で一つに。中盤のエモーショナルなセットはライブを支える大きな柱となっていた。


アッパーチューン満載のWINNERにファンがラブをサプライズ!

抒情的なステージの後、4人はアッパーなトレンディ・チューンでファンを熱くしていく。ビデオで発声&ダンス・レッスンをした後はスンフンが「盛り上がる準備は出来ましたか~?」と煽り、「REALLY REALLY」へ。ムーンバートン・タッチのこの曲ではスンユンが指ハートとウィンクを大サービスし、ファンも「愛してる」と声を大きく上げる。そしてトロピカルダンスホールな「ISLAND」では楽し気に夏を先取り。終盤、ミノが「Everybody, Make some noise~」と煽って、ファンを最後までホットにさせ、ラストはメンバーが白いマイクをシャンペングラスに見立てて乾杯するように右手を掲げる。さらに歌い終えた後は、ニュー・アルバムがファンに愛され、いろんな活動が出来たことをファンと共に祝うように、武道館が一つになって乾杯。その後、今回のツアーの思い出を語り合った後は、スンユンが「武道館が一番の思い出になると思います」と締め、フィナーレに突入だ。

まずは「EVERYDAY」を日本語バージョンで初披露するというサプライズでファンを喜ばせ、歌い終えた後はメンバーが「へへへ、驚いたでしょ。皆、初めて聞きましたよね。ここに来てくださった皆さんのために、披露しました」といたずらっ子のようにコメント。武道館限定のエクスクルーシヴ・ソングにファンは大感激だ。

そして「最後で最強で最高で、最大出力で行きましょう。それでは、一緒に青春になりましょう~!」というスンユンの呼びかけで、この日のテーマにふさわしい「IMMATURE」を演じ、ラストはスンフンがテンション・マックスでダンシング。その後は、ファンにはお馴染みの鉄板・四つ打ちチューンを連発し、館内の興奮は絶頂に。「JUST ANOTHER BOY」ではレーザー光線が飛びまくり、ジヌとスンフンは肩を組みながらジャンプし、ファンもアゲアゲ。本編ラストの「SMILE AGAIN」でファンの興奮は沸点を超え、メンバーが「Everybody, Jump」と煽ると同時にブルーのテープが発射。そこには「ぼくたちはいつまでも青春」(スンユン)、「一生一緒だよ!!」(ミノ)、「あいしてる」(ジヌ)、「今日の思い出を大事に!」(スンフン)というメッセージが添えてあった。所属事務所YG ENTERTAINMENTの公式キャラクター、KRUNK(クランク)もステージに顔を見せたこの曲。客席に背を向け両手を広げてフィニッシュしたメンバーが振り向くと、そこにはファンの掲げた「WINNER 4ランへ(愛してる)」というサプライズ・スローガンが待っていたのだった。


ファンのサプライズにメンバーもサプライズで応える

アンコールは韓国語曲の「LA LA」から。スンフンはスンユンにアタックをかますなど、楽しさがハジける。そしてイヤモニのトラブルが発生した様子(後に演技と種明かし)で、舞台を去ったメンバーたち。ここからサプライズ映像の上映の始まりだ。スンユンがディレクションを手掛けたというこの映像はスタッフにも内緒で用意したというマル秘企画。そこではメンバーがスタッフ全員の名前を呼び上げて感謝し、その後は、「今まで皆さんからずっとサプライズをもらったので、今度は僕たちがスペシャルなサプライズを準備しました。僕らのそばにはINNER CIRCLE(インナーサークル: WINNERのファン)の皆さんがいたから、全部出来たと思います。武道館のステージに立つことが本当に嬉しいです。皆さん、本当に今までありがとうございました。これからもずっと、そばにいてください。宜しくお願いします。皆さん、大好きだよ!」(スンユン)と話し、メンバー全員でサランヘのサイン。「ぼくたちはいつも青春であります。We'll always be young」という直筆も添えてファンに感謝し、本編ラストのファンからのサプライズに、メンバーもまたサプライズで応えたのだった。

ビデオを通じた感謝の言葉の後は、生のメッセージでファンへの想いを伝える番だ。

スンユン「ここ武道館で本当に元気をもらったと思います。最初はZeppツアーから始まり、一歩一歩、歩いて、4年かけて武道館まで来ました。時には大変な時期もありましたが、いつも皆さんは僕たちに手を伸ばし、支えてくれましたよね。今日の思い出を一生忘れずに、皆さんに恩返しがしたいです。いつも僕たちのそばにいてくださって、ありがとうございます」

続くジヌは目を潤ませ、スンユンが「(泣くと)男じゃないよ~」と突っ込む。そして「まず、INNER CIRCLE JAPANの皆さんに、とても感謝しています。まだ先が長いし、今までいろんなこともあったけど、一緒にいてくれて……」と声を詰まらせると、ミノが優しく彼の肩を抱いてフォローし、スンユンは「泣かないでよ」と語りかけ。その後、「僕たちをこの武道館のステージに立たせてくれて、本当に本当にありがとうございます。この感謝の気持ちをどう返せばいいか分からないけど、もっと頑張って、もっといい曲で、もっと活動して、もっと格好いい姿で返したいと思います。本当にありがとうございます」と三方に礼をし、笑顔のサランへポーズで「愛してる!」と伝えた。

ミノも「武道館、聞いただけでワクワクしますね。4年前、初めてのツアーを始めたときは、すごく緊張して、視野も狭く、余裕もなかったです。本当に準備した通りにだけしていました。あの時、初めて準備した言葉が、『一生一緒だよ』でした」と当時を振り返った瞬間、涙を見せ、「日本語を完璧に話せなくて、ただ、覚えた通り、ファンの皆さんにそのまま『一生一緒だよ』と言いましたね。僕は責任を取らないといけないです」とコメント。涙が流れるのをこらえるように上を見上げ、「その言葉を聞いた皆さんは、今ここにいて、これからもずっといてくれるから、『一生一緒だよ』。本当にありがとうございます。愛してる」と心からのメッセージを贈ったのだった。

スンフンは「今日一日やってみたら、多分、僕はこんなビッグステージに向いてるなと思いました」とファンを沸かせ、「毎回ライブで泣いちゃったら、泣き虫WINNERになってしまいます。これからは寂しい思い出より、幸せな思い出で、時間を埋めていきたいです。絶対にまたすぐ新しいツアーで戻ってくることを約束します」と約束。最後は指ハートで「サランヘヨ」と締めた。

メンバー1人1人が熱い感謝を述べた後、スンユンがチームを代表するように、彼らにとって武道館が何かを語った。日本で初めて見たライブが、武道館で開催されたD-LITE(from.BIGBANG)のソロ公演だったと振り返る彼。「いつかこのステージに立つことができたら本当に嬉しいと思ったけど、その夢見ていたステージに、4人で、メンバー達と立つことができて、本当に幸せな人じゃないかな、と思っています。本当に武道館に立つことが出来るように、いつも僕らのそばにいてくれた皆さんに感謝の気持ちを伝えます。本当にありがとうございます」と話し、ツアータイトルへの想いも熱く語る。
「『We'll always be young』は、皆さんにいつも1番若くて美しい瞬間がずっと続いて欲しい気持ちを込めて、僕たちメンバーが考えて付けたタイトルです。皆さんと僕たちが一緒にいる限り、WINNERの音楽と一緒にいる限り、僕たちはいつでも青春です。何年、何十年経っても、皆さんに青春を与えるWINNERになりますので、ずっと一緒にいてくれますよね? 皆!」

彼がそう声を大にした後は、ラストスパートをかけ、メンバーは「LOVE ME LOVE ME」と「REALLY REALLY」の2曲を再び。後者ではファンが「愛してる」と声をかけると同時に、スンユンとミノはきつく縛ったタオルを投げ入れ、ラストはスンユンが投げキッスをプレゼント。アンコールのラストは前向きのポジティブメッセージを込めた「GO UP」でなおも盛り上げ、スンユンの「まだ終わってないよ」という言葉からラスト・ソングへ。メンバーは歌でファンへの感謝の想いを伝えたのだった。


サプライズリレーの最終走者はまさかのスタッフ!

サプライズが続いたコンサートのフィナーレは、まさかのスタッフからのサプライズだった。モニター画面には「Road to BUDOKAN」と題したスライドショーが映し出され、2014年のZeppツアーからこれまでをプレイバック。メンバーも驚きを隠すことなく、ステージに座って見入り、ファンと歩んだ道のりを振り返る。さらにそこにはスタッフからの「いいことばかりでなかったこれまで。平坦じゃなかったからこそ、今がある。『待たせてゴメンね』って、これからは言わないって、約束だよ! WINNERとINNER CIRCLE(インナーサークル)は両思いだなと思いました。この深い絆はスタッフの誇りです。次の夢のステージを目指して一歩一歩進んでいきましょう。一生一緒だよ」というメッセージも!

そんなスタッフからのコメントに、スンユンは「やられたね~~」としみじみ。スタッフ、ファン、双方からの愛を感じたメンバーはクロージングコメントでも皆を泣かす。

スンユンは「人生の中で、一番幸せな瞬間でした。泣いちゃったけど、全然悲しい涙ではなかったです。幸せな涙でした。この幸せな瞬間を作ってくれた皆さんに本当に感謝しています。今日一日本当に、ありがとうございました」と締め括り、スンフンもまたフロアを見渡しながら「本当に幸せだったんです」と話す。ジヌは涙を堪えることなく、泣きながら、両手を振ってフロアへ挨拶し、スンユンは名残惜しさを最大限に表現するように「終わりたくねぇんだよ!」とシャウト。ミノは再度の「一生一緒だよ」でラスト・メッセージを寄せ、客席のファンはメンバーにいつまでも拍手を贈っていた。

アーティスト、ファン、スタッフというトライアングルの愛はこれからも“一生一緒”。夢の武道館公演は、3者の絆の深さと確かさを改めて感じさせるものだった。

ライター:きむ・たく

■公演概要
「WINNER JAPAN TOUR 2018」
日時:2018年4月28日(土)開場 14:00 / 開演 15:00
会場:日本武道館

【セットリスト】
01. LOVE ME LOVE ME
02. DON'T FLIRT
03. LOVE IS A LIE
04. Haru Haru(WINNER Ver.)
05. RAINING
06. HAVE A GOOD DAY
07. THE DOOR(Prod.by Block B ジコ)カン・スンユン&ソン・ミノ
08. DIFFERENT
09. FOOL
10. COLOR RING
11. EMPTY
12. REALLY REALLY
13. ISLAND
14. EVERYDAY
15. IMMATURE
16. JUST ANOTHER BOY
17. SMILE AGAIN
<ENCORE>
18. LA LA
19. LOVE ME LOVE ME
20. REALLY REALLY
21. GO UP

■リリース情報
2ndフルアルバム「EVERYD4Y」日本国内盤
2018年6月13日(水)発売

【CD+DVD+スマプラミュージッ&ムービー】EVERYD4Y -KR EDITION-
AVCY-58675/B ¥4,536(税込)

[初回封入特典]
豪華特典応募シリアルアクセスコード

<CD>
01 EVERYDAY -KR Ver.-
02 AIR -KR Ver.-
03 HELLO -KR Ver.-
04 TURN OFF THE LIGHT -KR Ver.-[MINO SOLO]
05 LA LA -KR Ver.-
06 FOR -KR Ver.-
07 WE WERE -KR Ver.-
08 LUXURY -KR Ver.-
09 MOVIE STAR -KR Ver.-
10 SPECIAL NIGHT -KR Ver.-
11 RAINING -KR Ver.-
12 HAVE A GOOD DAY -KR Ver.-

<BONUS TRACK>
13 REALLY REALLY -KR Ver.-
14 FOOL -KR Ver.-
15 ISLAND -KR Ver.-
16 LOVE ME LOVE ME -KR Ver.-

<DVD>
MUSIC VIDEO(EVERYDAY -KR Ver-)
BEHIND THE SCENES(EVERYDAY -KR Ver.-)
DANCE PRACTICE VIDEO(EVERYDAY -KR Ver.-
WINNER'S HOLIDAY @KAPPABASHI

【CD+スマプラミュージック】EVERYD4Y -KR EDITION-
AVCY-58676 ¥3,348(税込)

[初回封入特典]
豪華特典応募シリアルアクセスコード

<CD>
01 EVERYDAY -KR Ver.-
02 AIR -KR Ver.-
03 HELLO -KR Ver.-
04 TURN OFF THE LIGHT -KR Ver.-[MINO SOLO]
05 LA LA -KR Ver.-
06 FOR -KR Ver.-
07 WE WERE -KR Ver.-
08 LUXURY -KR Ver.-
09 MOVIE STAR -KR Ver.-
10 SPECIAL NIGHT -KR Ver.-
11 RAINING -KR Ver.-
12 HAVE A GOOD DAY -KR Ver.-

<BONUS TRACK>
13 REALLY REALLY -KR Ver.-
14 FOOL -KR Ver.-
15 ISLAND -KR Ver.-
16 LOVE ME LOVE ME -KR Ver.-

■関連サイト
「INNER CIRCLE JAPAN」:https://winner.fc.avex.jp/

記者 : Kstyle編集部