チャン・グンソク「ハン・イェリとのキスシーンがない…ファンが喜んでいる」

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
チャン・グンソクが「スイッチ-世界を変えろ」(以下、「スイッチ」)でキスシーンがないためファンが喜んでいると明かした。

最近、ソウル陽川(ヤンチョン)区木洞(モクトン)SBSでSBS水木ドラマ「スイッチ」(脚本:ペク・ウンチョル、キム・リュヒョン、演出:ナム・テジン)の記者懇談会が行われた中、チャン・グンソクとハン・イェリが参加した。

この日イ・ヨンソクEP(エグゼクティブ・プロデューサー)は、チャン・グンソクをキャスティングしたのは、韓国市場だけでなく、海外市場を狙ったところもあると明かした。早くも外国の制作会社からフォーマットを購入したいという話もあり、海外ファンの反応も良いという。

イ・ヨンソクEPは「下手にラブストーリーをするよりは、ジャンル的性格を最後まで貫いてほしいということを制作陣にお願いした」と話した。

するとチャン・グンソクは「ファンの方はキスシーンがないことを喜んでいる。僕は後であるのではないかと思う」とし、「ファンの情熱的なモニタリングに感謝している」と伝えた。

「スイッチ」は詐欺師から検事に変身したサ・ドチャンが、法律から逃げ回る人々を捕まえる痛快なドラマだ。

チャン・グンソク「プロデュース101」出演者に感謝したワケとは?ドラマ撮影現場での裏話を公開

チャン・グンソク「2018南北首脳会談」の平和メッセンジャーに…“韓国ファイト!”

記者 : ソン・ヒョジョン