CROSS GENEが1年ぶりに単独ライブを開催「僕らのライブに初めて来ても、自然に体が動かせる曲がたくさんあります」

KSTYLE |

リーダーのSHIN(シン)が韓国でドラマに、TAKUYA(タクヤ)とYONGSEOK(ヨンソク)が日本でミュージカルに出演するなど、日韓を股にかけて活発なソロ活動を行っていたCROSS GENEが、1年ぶりに日本単独ライブを開催! 去年8月に中国人メンバーのCASPER(キャスパー)が卒業し、5人体制となって再始動する彼らにライブの見どころを聞いた。

――5人では初めてのライブですね。

TAKUYA(以下、タクヤ):最近、ソロ活動のためにメンバーが離れていたので、ライブに向けて練習に本腰を入れ始めてからダンスのフォーメーションやパートを5人バージョンに変えました。僕らで話し合って決めたのですが、最低一人は新しい振り付けを覚えなきゃいけない状況の中でも、不満を言わずに、誰にも押し付けることもなく、最高のパフォーマンスを作るために頑張っていることで、メンバーの絆が一層深まっているような気がします。

SHIN(以下、シン):6人でのライブを最後にした国際フォーラムホールCでまたやることになりました。同じ会場にしたのは、5人での再スタートという意味もあるんです。

――CROSS GENEのライブに初めて行く人に「僕らのライブに来たらこんなに楽しいよ」という魅力ポイントをアピールお願いします。

YONGSEOK(以下、ヨンソク):初めて来ても、自然に体を動かせる曲がたくさんあって、演出も含めて目と耳で楽しめるステージになっています。そして、ファンの皆さんとアイコンタクトを取りながら一緒に楽しめる雰囲気です! ライブの主人公はあなたです!

――1年ぶりの単独ライブで、個人的にやりたい曲は?

ヨンソク:「Solar」とか「AURORA」とか、デビュー当時の頃の曲をやりたいです。とくに「AURORA」はみんなで歌えるし、心が温かくなる曲だと思います。

SEYOUNG(以下、セヨン):僕は全部やりたいです。

タクヤ:セットリストを考えるのに、これまでの曲を書き出してみたんだけど、40曲くらいあったよ。

セヨン:大丈夫です!! 全部やれます(笑)

SANGMIN(以下、サンミン):僕は「Shooting Star」やっぱり盛り上がるから。最後のサビで激しいダンスがあるので、そこが見どころです!

タクヤ:『Love & Peace』ですね。盛りあがる曲だし、僕はタオルを振るのが好きみたい(笑)。みんなで一つになれる曲です。

シン:「Love Game」は、ずっとやってなかったのでダンスを忘れてしまいかけていたのですが、最近、練習してみたら、改めてダンスが独特でかっこいいなって思ったので、ぜひやりたいです。

――ライブで盛り上がると感じる曲は?

タクヤ:「Dirty Pop」かな。アップテンポの曲だから踊っている僕たちもテンション上がるし、ダンスブレイクの時の5人のパフォーマンスも見どころです!

ヨンソク:「Keep on dancing」はサングラスをかけて登場するのですが、神秘的な感じがするし、宇宙から地球に降りてくるような演出がかっこいい曲です。そして、オープニングに使われるから緊張感があります。

セヨン:「sHi-tai!」です。4つ打ちのビートが疾走感があって楽しいし、僕が楽しんでいる姿を見れば皆さんも自然と身体が動くと思います!

サンミン:「Crazy」も、全体の流れのリズムが体に響く感じで、最初から最後までノリノリで聞ける曲ですね! ファンのみなさんと一緒に「Crazy!!」と叫ぶところがあるのも楽しいです。

シン「Keep on dancing」は、くり返す歌詞とサウンドを聞くとドキドキします。

――CROSS GENEはバラードも名曲が多いですよね。メインボーカルのおふたりが歌って気持ちいいバラードは?

セヨン:全部好きですけど、特に「手紙」です。ファンのみんなのために手紙を書いたという内容ですし、僕らの気持ちがそのままみなさんの心に入り込む感じが良いです。

ヨンソク:僕は「そばにいて」かな。バラードを歌うときは自分も気持ちいいし、ファンのみなさんの心を温めてあげるような感じがするので気持ちいいです。でも、まだライブでやる曲はなにも決まってないんです。

――シンさんは、最近出演したドラマ「青い海の伝説」「20世紀少年少女」をきっかけにファンになって、ライブに行ってみようかなと思う人も多いと思います。俳優シン・ウォンホの新規ファンに向けてCROSS GENEのシンとしての魅力をアピールするために、ライブではどんな姿を見せたいですか?

シン:みなさんはテレビで韓国語で話す姿しか見ていらっしゃらないと思いますが、ステージでは日本語で話すので、より親近感が持てると思いますし、歌ったり踊ったりしている姿も演技をしている僕とは違う新しい姿にうつるのではないかと思います。

――タクヤさんは舞台「私のホストちゃん」REBORN~絶唱! 大阪ミナミ編~に出演しましたが、韓国で活動する日本人アイドルに関心を持ったファンがいると思います。初めてアイドルタクヤを見に来る人にどんな姿を見せたいですか?

タクヤ:「私のホストちゃん」では、クールな姿をお見せすることが多かったのですが、ライブに遊びに来てくれたらクールなだけではなく、ダンスや歌をもっと楽しんでいる姿をお見せできると思うので、ぜひ遊びに来てください!

――メインボーカルのセヨンさんとヨンソクさんは、自分のボーカルの魅力はどこにあると思いますか?

セヨン:ブレスがセクシーで、中性的な魅力があります。柔らかいボイス、スウィートなボイスです。

ヨンソク:僕はセヨンさんとは逆にパワフルな声量と、男らしくて野性的な声が持ち味です。ずっと記憶に残るボイスだと思います。

――メインダンサーのサンミンさん、ダンスの着目点は?

サンミン:身軽な動きと繊細さ、無駄のないすっきりとしたダンスが特徴です。どんなジャンルでも消化できる自信があります。アクロバットも得意です!!

――毎回ソロステージやユニットステージがありますが、これからはどんなことをしてみたいですか? 個人的な希望を聞かせてください。

セヨン:僕がCROSS GENEの曲を作って、5人で歌って踊る姿をお見せしたいです。

サンミン:セヨンさんが曲を作ったら、僕が振り付けを担当したいです!

ヨンソク: 5人にそれぞれ役を決めて、ミュージカルみたいな演出をしてみたいです。

タクヤ:僕も昔はよくサンミンと振り付けをしていたんですよ。僕らが作ったダンスを、いつかみなさんにお見せしたいです。

シン:僕はソロステージで自作曲を歌いながら、他のメンバー4人にバックダンサーをしてもらいます(笑)

全員:え~(笑)

――ライブの練習中にはどんなものを食べたり、飲んだりしますか? メンバーで食べるものを決めるときのルールは?

サンミン:最近メンバーの中で、スンデクッパが流行っているので、よく食べに行きます。

タクヤ:最近メンバー間で縄跳びが流行っているので、二重飛びの対決をして負けた人がおごったり、勝った人がメニューを決めたり……。そういうちょっとした遊びをしながら決めます。

――本当に仲が良くて、楽しそうですね。ライブの他に告知事項はありますか?

シン:僕らのバラエティ番組が日本で放送されることになりました。その番組で、メンバーみんなで旅行にいきましたが、久しぶりの旅行だったから大騒ぎで、すごくおもしろかったです。

――これから5人で再スタートですが、同様にこの春、スタートを切る学生や新社会人に向けてメッセージをお願いします。

シン:CROSS GENEの音楽を聞いたら元気になれますよ!

ヨンソク:ストレスがあったら、4月30日に国際フォーラムCに来てください。僕たちのライブでストレスを発散してください!!

■ライブ情報
CROSS GENE JAPAN LIVE 2018「UTOPIA」
日程:2018年4月30日(月・祝) 17:00開場 / 17:30開演
会場:東京国際フォーラム ホールC (東京都千代田区丸の内3-5-1)
チケット料金:全席指定 ¥8,800(税込)

主催・企画・制作:株式会社アミューズ
運営・お問い合わせ先:キョードー横浜 / TEL:045-671-9911(平日11:00~18:00)
公式ホームページ:https://www.crossgene.jp/

記者 : Kstyle編集部