“防弾少年団が所属”Big Hit、さらなる事業拡大へ…ネットマーブルが201億円を投資

OSEN |

写真=Big Hitエンターテインメント
Big Hitエンターテインメント(代表:パン・シヒョク)は4日、ネットマーブル(Net Marble)から計2014億ウォン(約201億円)規模の投資を誘致したと明らかにした。

ネットマーブルは、Big Hitエンターテインメントの株式25.71%を確保し、2大株主になった。今回の投資は世界の音楽やゲーム市場で影響力を高めているBig Hitとネットマーブルがビジネスで相乗効果を生み出すため行ったものだ。

ネットマーブルのパン・ジュニョク議長は2月、第4回NTP(4th Netmarble Together with Press)で、それぞれ異なる文化コンテンツの融合を通じた新しいジャンルの開拓を強調し、グローバルアイドルグループ防弾少年団の映像とグラビアを活用した“実写型シネマティックゲーム”「BTS WORLD」を初めて公開した。

Big Hitエンターテインメントは「ネットマーブルのようなグローバル企業がBig Hitエンターテインメントの主要株主になったことを嬉しく思う。財務の観点と戦略の観点を併せ持った投資家と一緒にすることになり、より一層安定した運営ができるようになった。ゲーム産業ですでに知的財産権について十分経験を持っているネットマーブルと共にすることは将来的にも非常に有益なものだと思う」と明かした。

ネットマーブルは「Big Hitエンターテインメントは速いスピードで成長している会社で、ネットマーブルとゲーム事業で協力している。今回の株式投資を通じてネットマーブルとBig Hitの相乗効果がさらに大きくなることを期待する」と話した。

記者 : チョン・ジウォン