イ・ジュンギ、代役なしでアクションシーンに挑む…ドラマ「無法弁護士」初撮影の姿を公開

MYDAILY |

写真=tvN
「無法弁護士」のイ・ジュンギの初撮影の姿が公開された。

2日、ケーブルチャンネルtvNの新週末ドラマ「無法弁護士」(脚本:ユン・ヒョンホ、演出:キム・ジンミン)側が主人公のイ・ジュンギ(ポン・サンピル役)の初撮影の写真を公開した。ワイルドな魅力で女心を揺さぶるイ・ジュンギのカリスマ性が、作中のポン・サンピルへの期待を高めている。

「無法弁護士」は法律を信じず、拳を使っていた無法弁護士が、自身の人生をかけて絶対権力に立ち向かい、本当の“武法弁護士”に成長していくストーリーを描く。イ・ジュンギはワイルドな眼差しをもつヤクザ出身の弁護士であり、拳で法を牛耳る無法専門家ポン・サンピル役を務め、大胆なイメージチェンジを図り、代替不可能な活躍を予告している。

公開された写真のイ・ジュンギは、怖いもの知らずな姿とカリスマ性を行き来するポン・サンピルになりきって視線を釘付けにする。愛する顧客のためなら、ヤクザも例外でないという信念で手段を選ばずに立ち向かい、無法と正義の間を絶妙に行き来する姿だ。

イ・ジュンギは相手を見透かしているような鋭い眼差しで暗闇の中でも独歩的なオーラを放つ一方、腕を組んで澄ました微笑みで男のセクシーさまで誇示している。一つの顔で数え切れない魅力を表現したイ・ジュンギは、たった4枚の写真を通じて、既にポン・サンピルになりきっていることを見せつけた。

そんな中、イ・ジュンギは初撮影の当時、以前と180度違う姿で現れてスタッフたちをびっくりさせた。一層深まった眼差しとカリスマ性のためだ。

イ・ジュンギはブラジリアン柔術を学んで体作りをし、ほとんどのアクションシーンを代役なしで自ら演じるなど、無法弁護士のポン・サンピルを繊細に表現するため、役作りに力を注いだ。特に彼は撮影中にも手から台本を離さないなど、徹底した準備をして撮影が始まると、驚くべき集中力でキャラクターに没入して「さすがイ・ジュンギ」という賛辞を一身に受けた。

初撮影を終えたイ・ジュンギは「キム・ジンミン監督と『犬とオオカミの時間』以来、11年ぶりとなる再会なので、感慨深いです。監督と再びタッグを組んだだけに、視聴者の皆さんにより良い演技をお見せするために、徹底した準備をしました。今後『無法弁護士』を通じて、今までとは全く違うイ・ジュンギをお見せしたいです」と伝えた。

これに対してキム・ジンミン監督は「イ・ジュンギさんがキャラクターへの高い理解と彼だけの繊細な感情表現で『無法弁護士』でしか見られないイ・ジュンギ流のポン・サンピルを作り出してます」とし「実際、イ・ジュンギさんのカリスマ性や演技のスペクトラムは想像をはるかに超えます。アクション演技から感情演技まで、完璧に演じなければならないキャラクターだが、撮影する度に予想を超える演技を見せてくれているので、期待が大きいです」と伝えた。

「無法弁護士」は現在放送中の「Live」の後番組として、5月12日の夜9時より韓国でスタートする。

記者 : シン・ソウォン