日本活動に意欲!VAV 初来日インタビュー「韓国に来てくれた日本のファンにお返しがしたかった」

KSTYLE |

韓国での音楽活動はもちろん、ヨーロッパツアーを通じて着実に世界でファンを増やしているVAV。2017年2月、Mnetのリアリティ番組「No.MERCY」に出演し強い印象を残したエイノと、俳優ソン・ジェリム似と話題を集めたロウ、さらに185cmの長身で、モデルのようなスタイルに優しいビジュアルのジウが加わり7人組として再スタートした。
日本では3月17日に東京で「VAV 2018 Meet&Greet in Japan」を開催、これが日本で初めての単独イベントとなった。日本初イベントの前日、これからの日本活動への期待や日本に対する関心事を和気藹々と語ってくれた。

【プレゼント】VAV直筆サイン入りポラを2名様に!応募はTwitterをフォロー&ツイート

―― 一人ひとり自己紹介をお願いします。自身の性格や最近興味のあることも教えてください。

セイントバン:こんにちは、VAVのリーダーでボーカル担当のセイントバンです。最近は運動と作曲に関心があって、一生懸命やっています。性格はちょっとせっかちな部分があって、やらなければいけないことがあると早くやってしまいたい、解決したいと思う方です。

バロン:はじめまして、バロンです。チームでは細やかで、何事も一生懸命にやる人だと思います。最近はすこぶる動くうさぎというキャラクターにハマっています! 僕はある事を始めたら最後までやりきる性格です。

ジェイコブ:こんにちは、ラップ担当の中国人メンバージェイコブです。今ハマッているのはコンピューターゲームです。僕は自分が良いと判断したら人の意見に左右されずに突き進む性格です。

バロン:なんか記者さんは日本人で、ジェイコブは中国人なんだけど、二人とも韓国語で会話しているのを見て不思議な感じがした(笑)。

全員:(笑)。

エース:皆さんこんにちは、VAVのエースです。チームでボーカル、ダンスを担当していて、MCもやっています。運動が好きでいたずら好きな性格です。

ロウ:チームでラップを担当しているロウです。「魅力的なボイス」も時々担当しています(笑)。英語の勉強を最近また始めて、頑張っています。演技にも関心があって、最近ウェブドラマ「おんぼろビデオ」のPRを頑張っています。性格はいたずら好きで冗談を言うのが好きです。

ジェイコブ:ロウはすごいおしゃべりですよ。

ロウ:え、そうかな?

エース:そうだよ。

ロウ:じゃあ、そういうことで(笑)。

ジウ:チームでパワーボーカルを担当しているジウです。最近はクラシックギターと演技に興味があります。全てのことを肯定的に考えて楽しくやる性格です。

エイノ:はじめまして、エイノです。僕はラップメイキングをよくやるのでラップに関心が高いです。全てのことをうまくやりたいという欲が強い性格だと思います。VAVが成功したらうれしいです(笑)!


初の日本公演に期待!「すごくワクワクしています」

――初の日本公演を明日に控えて、今のお気持ちはいかがですか?

セイントバン:僕は個人的にとても期待が大きいです。初めて日本に来て日本のファンの皆さんと近くで会ってステージをお見せするので、ワクワクしています。距離が近いのでコミュニケーションしながら公演できることを楽しみにしています。

エース:これまで韓国で活動した時、日本のファンの方がよく来てくれていたんですが、特に今回の「SPOTLIGHT」の活動ではたくさんの方が来てくれたんです。そのような時期に日本で公演ができると聞いて、お返しができるなと思ってありがたい気持ちでした。今度は僕たちが日本に行ってステージをお見せできるということがうれしかったです。

ジウ:皆さん、愛してるよ!

エイノ:僕は日本に初めて行けると聞いてすごくワクワクして、ジウと話していたのは食べたい物がたくさんあるねということです(笑)。

全員:(笑)。

――バロンさんとロウさんは以前来日したことがあるそうですが、それ以外のメンバーは今回が初来日なんですよね。初めての日本はいかがですか?

ジェイコブ:僕はすごく不思議な気分でした。なぜなら、漢字が街に溢れていて、日本語ですが中国の漢字と似ているので意味を理解することができるからです。たぶん一人で日本に住むこともできると思います(笑)。

全員:(笑)。

エイノ:日本のアニメってすごく有名じゃないですか。そのアニメの中に入り込んだように、建物一つひとつが可愛らしくきれいで、絵のような場所だと思いました。

ジウ:僕は車で移動しながらロウ兄さんと話していたのが、韓国は車のハンドルが左なんですけど、日本は右なんですよね。

全員:あ~そうだね!

ジウ:それが不思議だったし、車の形も可愛らしくて、駐車がなんかスイスイできそうな感じがしました(笑)。

セイントバン:免許持ってるの?(笑)

ジウ:……。

セイントバン:はい、分かりました(笑)。

全員:(笑)。

エース:僕も建物がきれいだと思ったし、道もきれいですっきりとして清潔な印象でした。東京タワーも見たいと思っていたのですが、実際に見れて不思議な気持ちになりました。

エイノ:本当に街がきれいだから、道端に横になっても大丈夫だと思いました(笑)。

エース:でもやらないんでしょう(笑)?

エイノ:そういう感じってことで言ったの!(笑)

全員:(笑)

セイントバン:僕は日本の漫画で一番好きなのが「BLEACH」なんです。「BLEACH」には学校のシーンがすごくたくさん出てくるんですけど、日本の学校を見たら外観とか、学校の表札の感じとかが漫画とそっくりで、不思議な気持ちになりました。「BLEACH」は大好きなので今でもよく見ています。


「日本のコンビニにはおいしい物が多いじゃないですか!(笑)」

――バロンさんとロウさんは再び日本に来ていかがですか?

ロウ:僕は以前福岡に行ったことがありましたが、東京とは印象がかなり違いました。福岡は静かで気持ちが安らぐような場所で、東京は都市でソウルみたいな雰囲気です。だからもう一度、日本に初めて来たような気持ちです。

バロン:僕は以前東京、大阪に行ったことがありました。東京に行った時は、それまで見ていた学校もののアニメを思い出して、本当に日常がアニメになっているんだなと感じました。大阪では遺跡とか公園をメインに訪れましたが、自然が美しくて童話みたいだなと思いました。「千と千尋の神隠し」など宮崎駿監督の作品を見ても、そのようなものがよく表現されているじゃないですか。やっぱり日本で美しい自然が守られているから、そういった作品にも表れるんだなぁと思いました。

エイノ:なんかコメントがカッコいいね(笑)。

――前回、Kstyleの動画インタビューで日本に行ったらコンビニに行きたいと話していましたが、実際に行きましたか?

ジウ:飲み物とかサンドイッチは食べました、でもスタッフさんが買ってきてくれたので……残念ながらまだ実際には行ってないんですよ。

ジェイコブ:でもおいしくて最高でしたね。

セイントバン:特にお弁当が種類もたくさんあってすごいと聞いたので、見てみたいです。

ロウ:あとお菓子も食べました。でもまだ日本に着いて数時間なので……。

ジウ:直接行けたら自分の目で見てもっとたくさんの物を選んで食べるのに! 日本のコンビニにはおいしい物が多いじゃないですか!!

セイントバン:なんか怒ってるよね?(笑)

バロン:ジウ恐いよ?(笑)

エイノ:食べることには敏感なのね(笑)。

エース:ジウの強い意志を見せたんだよね(笑)。

ジェイコブ:インタビューが終わったら行こうね(笑)。

セイントバン:あ、コンビニで思い出したけど、日本に行ってきた方から温泉たまごをもらったんですよ。

全員:あ~!

セイントバン:それがものすごくおいしかったです!

エイノ:ふわふわしてね!


日本の文化で関心のあるものは?「子供の頃からアニメが大好き!」

――日本語の勉強はどうですか?

セイントバン:まだまだ実力不足ですが、一生懸命勉強しています。

ロウ:特にエース兄さんが一生懸命にやっています。

エイノ:日本語の本も自分で買って勉強しているんですよ。

ジウ:発音がきれいなんですよ。

エース:まだ日本語を勉強して間もないですが、まず平仮名とカタカナを覚えました。それを覚えたら少しはできるかなと思ったんですが、やっぱり難しいなと思いました。問題は漢字です……。漢字があまりにも多いので、漢字の勉強も一緒にしていかないとだめだなと思いました。

――日本の文化で関心のあるものを教えてください。

エイノ:僕は「クレヨンしんちゃん」が大好きなんです。映画も新しいものが公開されれば映画館まで観に行っています。趣味そのものがしんちゃんです(笑)。テレビも韓国で放映されたシリーズは全部見ていると思います。

ジウ:僕は日本のすき焼きの食べ方がすごく独特で印象に残っています。

ロウ:僕は小さい頃から日本の漫画をたくさん見ていました。それで浴衣を着てお祭りに行って金魚すくいをするとか、温泉とか、いつか行ってみたいなというロマンを持っていました。

エース:僕は野球が大好きで、日本の野球もたくさん見ます。小さい頃からイチロー選手は好きでしたし、ダルビッシュ有選手、ロサンゼルスに行った大谷翔平選手も好きです。イ・スンヨプ選手も日本の読売ジャイアンツなどに所属していましたし、その時から日本の野球を見ていたので、実際に日本で試合を見てみたいと思っています。

ジェイコブ:僕も中国で子供の頃から日本のアニメは本当にたくさん見てきて、大好きです。

ロウ:その中でも特に好きなのは?

ジェイコブ:全て!(笑)一つだけ選べないくらい日本の作品は面白いから。中国でも日本のアニメはたくさん見れますよ。

セイントバン:僕も以前中国に住んでいたので、中国でも日本のアニメをたくさん見ました。すごく面白いのがあったけど中国語でしかタイトルが分かりません……。他に日本で関心のあるものは、室内が船のようになっていて、生きている魚を自分で釣って、そこで料理してもらい食べることができる飲食店があると見たことがあって。びっくりしたし一度行ってみたいなと思いました。

ロウ:兄さんは日本料理を作るのがすごく上手なんですよ。

セイントバン:日本料理に関心が高くて、昔習っていたことがあるんです。でもいつかまた勉強して、日本料理の資格を取りたいなという考えもあります。


「日本語の曲をリリースして本格的な活動をしたい」

――特に好きな日本食は何ですか?

セイントバン:まだ日本で食べたことはないんですけど、マグロの頭を焼いたものを食べてみたいです。それから魚のかぶと煮は本当においしいので好きです。時間があったら食べに行きたいですね。

バロン:僕は日本の花火祭りに行ってみたいです。それから韓国でいうトロットのような演歌も生で聴いてみたいと思っています。日本のスポーツ漫画も好きで「ハイキュー!!」が特に好きでした。最近のオリンピックでも、カーリングやスピードスケートなどがすごく話題になったので、「2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪」に関連するようなアニメがあればすごく面白いと思います。

セイントバン:あ、今思い出したのですが、最近日本のファンの方が送ってくれたハガキが雪まつりの写真だったんです。それがすごく美しかったので、日本の冬の祭りにも行ってみたいです。

――今後日本でどんな活動をしてみたいですか?

エース:日本語の曲をリリースして本格的な活動をして、オリコンチャートにランクインしたいです。そして大きな夢ではありますが、紅白歌合戦にも出たいです。

ロウ:日本のバラエティにも出たいです。さっきエイノが東京ドームでも公演したいと言っていました。

エイノ:本当に夢ですね。

バロン:一生懸命頑張ります!

■VAV関連サイト
・所属事務所Ateamサイト:http://www.ateament.co.kr/
・VAVオフィシャルTwitter:https://twitter.com/VAV_official

記者 : Kstyle編集部