パク・ヘジン「映画『チーズ・イン・ザ・トラップ』のユ・ジョンは一番悩んだキャラクター」

10asia |

写真=マウンテンムーブメントストーリー
パク・ヘジンは、ウェブ漫画「チーズ・イン・ザ・トラップ」のユ・ジョン役でドラマに続き映画にまで2度目の出演を果たした。これは俳優としても珍しいことである。同じような演技をしても、異なった演技をしても、観客の好評を得るのは簡単ではないからだ。しかしパク・ヘジンは躊躇なく選択した。難しいことではあるけれど、彼はたくさん悩んだ末、ドラマとはまた違うユ・ジョンというキャラクターを完成させた。彼は「最近演じたキャラクターの中で、一番大変でした」と話した。

パク・ヘジンは最近のインタビューを通して「映画ではスリラーのジャンルがとても強調されていたため、善と悪の境界をはっきりとさせることに重点を置きました」と話した

映画でのユ・ジョンは表では笑っているが、心の中は全く把握することの出来ない二重人格的な人物である。パク・ヘジンは「人によって解釈は違うと思うが、僕はユ・ジョンが純粋な人物だと思います」と話した。

「実際、すべての人が二重人格的に生きていると思います。ほとんどの人が相手によって、話し方や行動が変わりますよね。僕もそうです。ユ・ジョンが二重人格というより、自分の感情に正直な純粋な人物なのだと思います。彼女のホン・ソルに接する時は、好きだから好きだと表現し、また彼女を害した人に対しては当然のように怒りを表しているだけなのです。過去にホン・ソルに冷たく接していた時は、自身の隠された姿がバレることを恐れてそういう行動をしていたのだと思います」

パク・ヘジンは作品の中のユ・ジョンととても似ている。周りを優先に考える思いやりのある心や、仕事をする時は冷静になる姿などだ。パク・ヘジンは「職業の特性上、表情管理とか周りを配慮するのは当然なことだと思います」と話した。

「僕の表情一つで現場の雰囲気が左右されます。スタッフ達が僕の表情を読んでヒソヒソ話をしているのです。現場で僕が気分を悪くしたらすべての人が心地悪いので、明るく仕事をする方です。たくさん笑って話そうとしています。僕自身のためにも仮面をかぶるタイプですね」

パク・ヘジンはドラマ「星から来たあなた」をはじめに、「ドクター異邦人」「バッドガイズ-悪い奴ら-」、映画「雪海」、ドラマ「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」「マンツーマン」などに出演し、休みなく作品活動を続けている。現在は100%事前製作ドラマ「四子」の撮影が行われている。彼は「仕事を続けていける原動力は、自分に対する惜しい気持ちがあるからなのではないかと思います」と話した。

「演技をする度に、いつも僕のすべてを注ぎ込むタイプです。それでもいつも惜しい気持ちがどこかにあります。すべてを注ぎ込んでも残る残念さが、また違う刺激になります。自分自身に対して冷静な方ですが、演技においてはもっとそうなのだと思います」

彼はインタビュー中「甘いメロドラマはもうやりたくない」と強調した。「星から来たあなた」を通して韓流スターとして急浮上したパク・ヘジンは、韓国国内での演技活動に対しての残念さを表した。「今までは『星から来たあなた』『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』のようなトレンディー作品にたくさん出演してきたので、線の太い演技をお見せする機会があまりなかったです」と話し「これからは演技力をお見せできる作品を挑戦してみたいです」と希望を伝えた。

悪役に対する欲はないのかという質問にパク・ヘジンは「無慈悲で残忍なのは好きではないが、外見ではそんな感じがしないのに、実は残忍だというような複合的なキャラクターが好きです。例えるとしたら“残酷童話”のような感じですね。それか、JTBCドラマ『ミスティ』のような激情メロドラマもやってみたいです」と答えた。

デビュー12年目に突入したパク・ヘジンは、まだ演技の授業を聞いていると話した。これについて彼は「たくさんの方から『何で?』と質問されます」と言い笑った。

「演技の先生とセリフをやりとりするのではなく、キャラクターを一緒に作っていくのです。どんな背景を持っているのか、どんな環境なのかを探って、キャラクターを豊かにする作業をしています。ややもするとキャラクターの中に閉じ込められて、演技する時に大変になるのです。だからキャラクターと自分を柔軟にする作業はすごく大事ですね。僕は枠にはまらない俳優になりたいです」

記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな