イ・ジョンソク、2部作ドラマ「死の賛美」主演に決定…ノーギャラで出演へ

MYDAILY |

写真=マイデイリー DB
俳優イ・ジョンソクが、SBSの2部作特集ドラマ「死の賛美」(脚本:チョ・スジン、演出:パク・スジン)の主演に確定した。イ・ジョンソクは単発ドラマに対する愛情と支援、演出家との義理を守るために、ノーギャラで出演する。

「死の賛美」は、朝鮮初のソプラノ歌手ユン・シムドクが1926年8月に発表したアルバムであり韓国大衆歌謡の嚆矢として、その後映画とミュージカルなど多様な形で再誕生した。今回のSBS特集ドラマ「死の賛美」は1991年の映画「死の賛美」とは異なり、劇作家キム・ウジンとソプラノ歌手ユン・シムドクの悲劇的な愛と共に、今まで公開されなかったキム・ウジンの作品の世界について扱う。

イ・ジョンソクは、朝鮮の天才劇作家キム・ウジン役を演じる。彼は人生で唯一のパートナーであり、恋人であるユン・シムドクと哀切で美しいラブシーンを披露する予定だ。今まで多様な役を演じながら繊細な内面の演技で好評を受けてきたイ・ジョンソクだからこそ、視聴者の期待が高まっている。

SBS特集ドラマ「死の賛美」は、ドラマ「ドクターズ」「浪漫ドクターキム・サブ」「あなたが眠っている間に」などを共同で演出したパク・スジンプロデューサーのデビュー作でもある。イ・ジョンソクは昨年、「あなたが眠っている間に」でパク・スジンプロデューサーと息を合わせ、人気を博した。

パク・スジンプロデューサーは「苦悩する知識人と恋に落ちた青年、反対に見えるキム・ウジンの二つの姿をイ・ジョンソクなら立派に表現することができるという確信を持っている。普段、単発ドラマに特別な愛情を見せてきた彼が、喜んでノーギャラで出演すると決めてくれたことに、心から感謝している」と話した。

記者 : イ・イェウン